【よみうりランド取材】人気アトラクションの紹介からチケット情報まで完全網羅

目次

よみうりランドとは?

長年愛される老舗遊園地

東京都稲城市と神奈川県川崎市にまたがる、さまざまなアトラクションと、ユニークなイベントが人気の遊園地。1964年に開園し、時間の経過とともに様々に姿を変えながら今の姿となっています。近年も多くの進化を遂げており、2021年11月には宇宙を舞台に楽しみながら学ぶ「SPACE factory」がオープンしました。

ユニークなアトラクションやショー

定番のコースター型から垂直降下系などの絶叫アトラクション、大観覧車にお化け屋敷やミッション系屋内アトラクションなど、とにかく種類に富んでユニークな乗り物の約30種のラインナップが人気です。

子供向けの工場施設型遊園地「グッジョバ!」には17種類のアトラクションと、5つの異なる業種によるワークショップ施設があります。また、アシカショーやキャラクターショーなども楽しめる珍しい遊園地です。

季節イベントでさらに楽しめる

よみうりランドの2大季節イベントといえば、夏の「プールWAI」と秋から冬にかけた「ジュエルミネーション」。

夏のプールではライブイベントや、子供向けの参加型イベントなどが催されて暑い夏を盛り上げます。秋から冬にかけては、都内でも随一のイルミネーションを開催。毎年、園内の至る所にテーマにちなんだイルミネーションが登場します。

見どころ

必ず抑えたい絶叫マシン

園内で最長かつ最高時速110kmを誇る、不動の人気コースターが「バンデッド」です。最上部から見える景色は格別。絶叫しながら、春には花見、夏には水がかかるスプラッシュバンデッドが楽しめます。冬はイルミネーション。絶叫と絶叫が季節ごとに楽しめます。

園内の少し高い丘のようなエリアにそびえる2本の柱「クレジーヒュー・ストン」。急上昇が楽しめる「クレージーヒュー」と急降下が楽しめる「クレージーストン」の2種類のアトラクションがあり、どちらも重力で自分の体が浮く感覚を楽しめます。

高さ22メートルからのジャンプできるバンジージャンプ。都内で常設されているのはここだけという貴重なアトラクションです。価格は1,200円でバンジージャンプデビューにはリーズナブルな価格。フリーパスには含まれません。記念としてジャンプする際の動画を残しておけるオプションサービスもあります。

子供も楽しめる中堅アトラクション

定番アトラクションの一つである、ゴーカート。園内の各地を走り抜ける爽快感が魅力です。全長約500mの一人乗りシングルサーキットコースと同じく約500mの二人乗りファミリーコースから選ぶことができます。

子供向けですが、おとなも楽しめる大人気コースタージェットコースター「わんわんコースターわんデッド」。よみうりランドのオリジナルキャラクター「ランドドック」が施された可愛らしいコースターです。

くるくるとのぼったりおりたり、途中でシャボン玉が出て来たり。小さなお子さまの初めてのジェットコースターデビューにもおすすめです。

ライドに乗ってシューティングゲームを楽しめる「アニマルレスキュー」。スコアを競いながら楽しめる乗り物です。家族や友達同士で何度も挑戦してハイスコアを狙ってみては。

眺望を楽しむアトラクション

遊園地のシンボルでもある大観覧車は、園内を一望できる位置にあり、天気がよければ富士山まで見えることも。特にイルミネーションの時期の美しさは格別です。

京王よみうりランド駅と園の入り口をつなぐゴンドラは、交通手段としてもアトラクションとしても楽しめます。まさしく「空から行けちゃう遊園地」。春には一面の桜を、秋〜冬にかけては一面のイルミネーションを眺めることのできる最強の移動ツールです。料金:(片道)300円 (往復)500円

大きな大きな飛行機の形をしたライドが360度ぐるり一回転する「ルーピングスターシップ」。てっぺんに達するときには乗客みんなが真っ逆さまになってしまいます。実は宙返りするまでの瞬間が一番怖いんだとか。てっぺんから見る真っ逆さまの風景もなかなか見られないかもしれませんね。

ここならではの2大エンタメショー

こどもたちに大人気のキャラクターたちが繰り広げるヒーローショーが楽しめます。仮面ライダー・プリキュアなど日替わりで登場します。屋外ステージは開放的で子供たちも大喜び間違いなし。事前に開催時刻をチェックしておきましょう。

そして、可愛くて賢いアシカたちのショー。ジャンプや輪くぐり、それぞれのアシカの得意技が見られます。アシカショーに出演するアシカと記念撮影したり、ふれあいを楽しめる特別なツアーも随時開催されています。

子供の工場体験型施設エリア「グッジョバ!」

自動車工場をイメージして作られた「CAR factory / NISSAN」では、デザイン・組み立て・出荷までの車の製造の一部をライド型アトラクションに乗りながら体験できます。自分なりに車体をカスタマイズして試験走行を楽しむ「カスタムガレージ」や、ゴーカート「ev-グランプリ」、日本初!画面上で自分なりのデザインや実装を決めてレースに参加することができる「マイレージング」があります。

館内にある高さ4mの全自動変形ロボ「CIRA(サイラ)」は30分に1回、車の形態からロボットに変身。大迫力のパフォーマンスが楽しめます。「CIRA(サイラ)」と楽しくおしゃべりができる「talk with CIRA(サイラ)」を土日祝日に開催しているので要チェック。車好きの親子や男の子が喜ぶこと間違いなしのエリアです。

日清で長く愛されてきた「日清焼きそばU.F.O」をテーマにした「FOOD factory / 日清」エリア。オリジナルのU.F.Oをカスタマイズして個包装し、オリジナルパッケージに入れて持ち帰れるファクトリー施設があります。

おすすめは、「日清焼そばU.F.O.」が出来上がるまでの流れをゴムボートに乗って体感できるユニークなアトラクション。2020年のリニューアルでは水を発射できるやかんポイント、没入感を高めるミストスクリーンなど、演出がさらに拡張されています。

ファッションの世界をテーマにきらびやかな光と音が楽しめる「FASHION factory / WORLD」エリア。らせん状の屋内ライド型アトラクションは、洋服の製造工程をイメージして作られ、まるで自分が工場の中にいるかのような気持ちになれます。

その他にも、オリジナルのリストバンドがもらえる編み物体験ライドや、オリジナルアクセサリーを作るワークショップが楽しめます。

ノートの定番である「キャンパスノート」をテーマにしてつくられた「BUNGU factory / KOKUYO」エリアです。「キャンパスノート」の製造工程をミッションゲームを体験しながら学ぶことができる「キャンパスチャレンジ」が屋内にあります。

屋外では、見た目の印象も可愛いカドケシ風のトロッコに乗れたり、えんぴつ型の垂直昇降したり、可愛らしくてポップな文房具の世界観が広がります。日本初のボールコースター型のアトラクション「たまゴロー」もあります。

特に楽しめる夏・秋イベント

夏といえばプール!東京近郊の野外アミューズメント系プールの中でも人気スポットのひとつが「プールWAI」です。プールの定番・流れるプールから本格的なダイビングプールまで、5つのプール 3種のスライダーが楽しめます。

アンパンマンプールではアンパンマンが遊びに来て一緒に写真撮影をしたり、サインをもらったり、ライブや水かけイベントなど盛りだくさんで夏を思いっきり賑やかに楽しむことができます。

よみうりランドが一番盛り上がる!幻想的イルミネーション

毎年10月頃から翌年の2月頃までの長期間で開催されるのが「ジュエルミネーション」。園内のいたるところにキラキラとカラフルに光るモニュメントが登場したり、木々やアトラクションもライトアップされる年内で一番盛り上がるイベントです。

この時期、夏はプールWAIとして活躍するプールがイルミネーションの光と音のエンターテイメントショーのステージに変貌します。

ナイター営業時でも営業するコースター「バンデッド」などで園内を駆け抜けながら見たり、大観覧車から一望したりと遊園地ならではのイルミネーションの楽しみ方もできます。

遊園地でグルメを楽しむなら

ウッドデッキでのBBQが楽しめる「森のバーベキュー場 JU-JU」は、遊園地で遊ぶ合間での利用もできます。

「手ぶらでBBQプラン」は入園料とコースのセット料金は予約をすれば3,400円となります。「食材持ち込みBBQプラン」や「当日プラン」もあります。

その他、園内にはレストランや売店があり、ラーメンやストリートフードが立ち並んでいます。もちろん、アイスクリーム、チュロスやマリオンクレープなどの遊園地ならではのスイーツも楽しめます。

よりうりランド施設情報

【営業時間】営業日・時期による
※詳細は公式サイトの営業カレンダーをチェック。

【料金】左から順に、大人(18歳~64歳)/中高生/小学生、シニア(65歳以上)/未就学児(3歳以上〜小学生未満)

ワンデーパス(入園+のりもの乗り放題)
5,800円/4,600円/4,000円/2,400円
入園料(遊園地の入園のみ)
1,800円/1,500円/1,000円/1,000円
アフターパス(15時以降の入園+のりもの乗り放題)
2,900円/2,000円/2,000円/1,300円

【駐車場】

7:30〜22:00
普通車(平日):1日1,500円
普通車(土日祝・特定日):1日2,000円

アクセス情報

電車で行く場合

小田急線「読売ランド前駅」から小田急バスで約10分
京王線「京王読売ランド前駅」からゴンドラで約5分〜10分/小田急バスで約5分

車で行く場合

稲城I.C.直結 稲城大橋より約2km
調布I.C.より約5km
川崎I.C.より約8km

よくある質問

ベビーカーの貸し出しはありますか?

入園口スカイゲートにて1台につき500円で貸し出しています。

クレジットカードは利用できますか?

チケットブース・園内各所で使用可能です。

周辺に立ち寄れるスポットはありますか?

おすすめは、隣接しているスーパー銭湯「丘の湯」です。様々なお風呂や露店風呂でリラックスできることはもちろん、マッサージや食事も楽しめます。遊園地で遊び疲れた後にぴったりのスポットです。

その他は、大きな商業施設やレストランは数少ないため、京王よみうりランド駅または小田急読売ランド前駅周辺まで行く必要があります。

お弁当の持ち込みはできますか?

可能です。ビン、缶、アルコール類の持ち込みは禁止しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる