【ウィズ原宿(WITH HARAJUKU)】IKEA(イケア)にユニクロ、スタバやレストランも揃う原宿駅前の新しいランドマーク

目次

ウィズ原宿(WITH HARAJUKU)とは?

2020年6月にオープンした商業施設の「WITH HARAJUKU(ウィズ原宿)」は、原宿駅、明治神宮前<原宿>駅からそれぞれ徒歩約1分という好アクセス。コンセプトは「未来を紡ぐ“たまり場”」、16店舗のショップ&レストランが集まる居心地の良い空間がつくられています。

おしゃれで都会的な表参道、若者のトレンドファッションを先取りしてきた竹下通り、深い森に覆われた明治神宮の異なる3つのエリアが隣接しています。様々な「個性」や「好き」を持った人々が交じり合い繋がることで、「ここに来れば何かが始まる」といったワクワク感を与えてくれます。

施設のデザインは、原宿駅前と竹下通りをつなぐ道(パッサージュ)「WITH HARAJUKU STREET」を中心としているのが特徴です。インテリアには石や天然木などの天然素材が使用されていて、都会的でありながらも自然の温もりを感じられるのも見どころ。館内の開放的なデザインやお洒落なインテリアなど、空間の美しさも見どころです。

地下2階から地上3階、そして地上8階にはショッピングやカフェ、レストランの店舗があります。そのほか、イベントホール「WITH HARAJUKU HALL」やシェアスペース「LIFORK原宿」、屋外の広場空間「WITH HARAJUKU PARK」など、”たまり場”をテーマとしたスポットがそろっているのもウィズ原宿のユニークな点です。

イベントを楽しんだり仕事をしたり、休憩したり。あらゆる目的の人々が同じ空間に集まり交流することで、新しい価値を生み出すことを目指しています。ウィズ原宿では、独創性や多様性を重視し、ほかの商業施設にはない、少し変わった経験や出会いが得られることでしょう。

見どころ

限定品も!ショッピングを楽しむ

スウェーデン発祥の家具ブランド「IKEA(イケア)」や、アウトドア用品からファッションアイテムまでを取り扱う「Snow Peak LAND STATION Harajuku」、スポーツ用品の「OSHMAN’S(オッシュマンズ)」など、生活から趣味までを彩るショップが揃います。

さらに世界でも人気の「UNIQLO(ユニクロ)」は、約600坪に及ぶ広い売場が特徴でsy。世界初のStyleHint(着こなし発見アプリ)の特設売り場、240台のタッチディスプレイなど他にはないユニクロを楽しんでみては。

資生堂が手がける「Beauty Square(ビューティ・スクエア)」は、化粧品販売のみならず、デジタルを活用したビューティ体験や、短時間でハイクオリティなヘアメイクアップサロンなど、参加型体験コンテンツが多数用意されています。参加費無料(要予約)で個人の肌状態にぴったりなお手入れ方法を見つけ出してくれるカウンセリングなど見逃せません。

同じく、資生堂が運営するプロのヘアメイクアップアーティストを育成するスクール、ヘアメイクアップアカデミー&スタジオ「SABFA(サブファ)」。こちらは、生徒以外の部外者が訪れることはできません。

こういった日用品のほかに、ファンにとってはたまらない専門店も。腕時計専門店の「セイコーブティック ウィズ原宿」と「セイコー プロスペックスブティック ウィズ原宿」は、洗練されたデザインの腕時計が好きな人にとっては要チェックです。その他にもイギリスのシューズブランド「ドクターマーチン」など、ユニークで個性的なファッション専門店も揃っています。

カフェでほっと一息

ウィズ原宿には、それぞれの店舗でテイストやコンセプトが異なっているカフェがあります。そのなかでも「大人の日常食」という一風変わったコンセプトを世に広めた「オーバカナル」は、内装、カトラリーからメニュー、サービスにいたるまでフレンチスタイルを追求しています。

エスプレッソやカプチーノ、紅茶など、上品でクラシックなメニューを中心に提供しています。“フランスの日常の一部”を提供、11:00〜23:00まで利用でき、思い思いの時間を過せます。ショッピングを楽しんだ後や合間に、息休憩をするのもおすすめです。

和テイストな雰囲気が好きな人には、抹茶専門店の「MACCHA HOUSE 抹茶館」はいかがでしょう。MACCHA HOUSEはシンガポールや香港などのアジアを中心に展開するスイーツ店。オリジナルのスイーツやドリンクには京都の老舗「森半」の抹茶を使用しています。

このほかにも、銀座に本店を構える資生堂パーラーは、お洒落な空間が女性から人気を集めるお店。内装のデザインのコンセプトは「森」で、グリーンを基調とした店内からは明治神宮の社を望むことができます。シェフとソムリエが創り上げる、五感に響くひと皿ひと皿の美しいハーモニーを味わってみては。

根強い人気の「スターバックス コーヒー WITH HARAJUKU店」では、アラビカ種がベースのコーヒーなど、種類豊富なドリンクが味わえます。サンドウィッチやペストリーなどの軽食もあるので、気軽に立ち寄ってみては。

さらに注目!イベントホールや休憩スポット

JR原宿駅前のイベントホール「WITH HARAJUKU HALL」は、展示会やイベントの場として活用できます。ホール内の天井一面にはバトンが配置され、磨き上げられたフローロングの床が爽快感を引き立てます。展示会や物販の販売、ショーなどのイベントのほか、セミナーや研修などのビジネス、パーティー利用など幅広いシーンに利用可能です。

またホールとその隣にあるホワイエは、スライディングウォール(移動型パーテーション)により一体利用ができるのが特徴。ガラス面で覆われ、外の陽が差し込み清々しい広場空間を作り上げています。ホールとホワイエを一体化させることで、立食や着席でのブッフェ会場を作ることもできるため、送別会や忘年会の会場として利用にも対応できます。

「LIFORK原宿」は、LIFE+WORKのことで、「“自分のやりたい”を実現する、最高の空間」がコンセプトのシェアスペースです。主に、コワーキングスペースやレンタルスペースとしての役割をもっています。

また、お洒落でシンプルなインテリア家具にも注目。LIFORK原宿では、「家具以上建築未満」の可動家具を採用しています。室内が雑多にならないよう機能性を重視した家具が設置され、スペース内はシンプルでコンパクトにまとまり、作業に集中することが可能です。

地上2階から3階にある「WITH HARAJUKU PARK」は、訪れた人がのんびりと一息つけるスポット。木の板の上にはベンチがいくつか置かれ、晴れた日には日光を感じながら友人や家族と雑談したりするのにピッタリです。

また夜になると、暗闇の中で広場沿いの店舗が明かりを灯しロマンティックな雰囲気に。冬だけのイルミネーションも必見。ウィズ原宿でショッピングや食事を満喫した後は、WITH HARAJUKU PARKでゆったりしたひとときを過ごすのも良いでしょう。

施設詳細情報

ウィズ原宿(WITH HARAJUKU)

【住所】東京都渋谷区神宮前 1-14-30
【営業時間】新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた取り組みを実施の上、営業中。
営業時間等は店舗により異なりますので、詳細につきましてはご自身でご確認ください。
※状況により入館制限を行う場合がございます。
※各店舗の営業時間・連絡先はこちら
【公式サイト】https://withharajuku.jp/

アクセス情報

電車で行く場合

JR山手線「原宿駅」より:徒歩約1分
東京メトロ千代田線「明治神宮前<原宿>駅」より:徒歩約1分

よくある質問Q&A

イベントホールの利用料金はいくらですか?

WITH HARAJUKU HALLの利用料金については、以下のサイトから確認することができます。
公式サイト:WITH HARAJUKU HALL

コワーキングスペースの利用料金はいくらですか?

LIFORK原宿のコワーキングスペースは、15分150円(税抜)で月額20,000円(税抜)が上限です。利用可能時間は9:00〜21:00となります。

公式サイト:LIFORK原宿

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる