【ウォーターズ竹芝】レストランやカフェ、ホテルや劇場までシーンに合わせて楽しめる水辺や緑に囲まれた都心のオアシス

目次

ウォーターズ竹芝とは?

ウォーターズ竹芝 タワー棟 外観
ウォーターズ竹芝 タワー棟 外観

「ウォーターズ 竹芝」は、オフィス・商業施設・ラグジュアリーホテル・劇場から構成される複合施設として2020年6月にオープンしました。すぐ側には水辺と浜離宮恩賜庭園がある、都心近くという好立地を活かした施設です。浜松町駅から徒歩約6分、竹芝駅から徒歩約3分というアクセスの良さにも定評があります。

1927年の埋め立てにより生まれた「竹芝」に、江戸時代以前から人々のコミュニティーとして親しまれてきた「浜松町」。この2つの要素を持つウォーターズ竹芝は“つぎの豊かさを生み出すまち”の構築を目指しており、社寺や商店街などの伝統文化はそのままにしながら、新たなカルチャーを発信しています。

テラス
テラス

建物は、ホテル「メズム東京」の入る「タワー棟」と、「JR東日本四季劇場[春][秋]」やオフィスの入る「シアター棟」の2つに分かれているのが特徴です。また、それぞれに商業施設「アトレ竹芝」が入っています。両棟の間に広がる広場とテラスからは、海や汐留川を一望できるのがポイント。都会と自然の両方を感じつつ、忙しい日々を忘れてゆったりと過ごせるスポットとして人気を集めています。

テラスからの眺め
テラスからの眺め

広場とテラスにはテーブルが置かれているので、ランチタイムの食事スポットや、景色を眺めてリラックスするスポットとして自由に利用可能です。

見どころ

観光に便利なホテル・劇場・船着場

メズム東京、オートグラフ コレクション

メズム東京、オートグラフ コレクション
メズム東京、オートグラフ コレクション

JR東日本グループの日本ホテル株式会社と世界的に有名なマリオット・インターナショナルの提携により誕生した「メズム東京、オートグラフ コレクション」は、タワー棟の上層階(16階〜26階)にあります。“TOKYO WAVES”をコンセプトに掲げるラグジュアリーホテルで、人々へ新たな気づきや発見を届ける充実したサービスとコンテンツを展開しています。

バルコニーから浜離宮恩賜庭園を眺められる客室や、180平方メートルの広々として贅沢な客室など、非日常を感じられる空間が魅力。会員の方に関しては、プライベートサロンの「クラブメズム」の利用も可能です。

レストランの「シェフズ・シアター」では、こだわり抜いた食材で創作されたフレンチを堪能することも。日本の伝統が感じられるアートが印象的な空間と、ライブ感が満載のオープンキッチンにより視覚でもグルメを満喫できます。

また、バー&ラウンジ「ウィスク」はアトリエがテーマということもあり、絵画をモチーフにしたオリジナルのカクテルが自慢。「メズム東京」では、ほかにはない圧倒的なホスピタリティに満足すること間違いありません。

【メズム東京 公式サイト】https://www.mesm.jp/

JR東日本四季劇場[春][秋]・自由劇場

JR東日本四季劇場[秋]
JR東日本四季劇場[秋]

旧・四季劇場[春]といえば、1998年のオープンから前人未到の長期興行を達成した劇場。そして旧・四季劇場[秋]といえば、「ミュージカル李香蘭」など、創造性にあふれた独創的な作品を数多く上演してきた劇場です。2020年10月、文化・芸術を通してこの地で愛されてきた両劇場が「JR東日本四季劇場[春][秋]」として再出発し、今も多くの人を虜にしています。また、劇団創立50周年を記念して2003年に建てられた小規模の劇団四季専用劇場「自由劇場」では主にストレートプレイが上演されています。

【JR東日本四季劇場[春] 公式サイト】https://www.shiki.jp/theatres/4023/

【JR東日本四季劇場[秋] 公式サイト】https://www.shiki.jp/theatres/4024/

【自由劇場 公式サイト】https://www.shiki.jp/theatres/4008/

船着場

船着場
船着場

ホテルと四季劇場だけでなく、定期航路船も見逃せません。東京を代表する観光地の浅草とお台場・豊洲を水上バスがつないだ利便性の高さに定評があります。詳しい運航情報や利用方法を知りたい方は、各社HPをチェックしてみてください。

上質なグルメが集まる「タワー棟」

ウォーターズ竹芝 タワー棟
ウォーターズ竹芝 タワー棟

アトレといえば駅直結のイメージが強いですが、「アトレ竹芝」は駅から離れた立地にあるのが特徴です。コンセプトは『NEW CURIOUS』で、新感覚の体験や学び、出会いを生み出し、感性が成熟した大人へ好奇心や豊かさを提供します。

2020年6月に第1期がオープンした「タワー棟」と、2020年8月にオープンした「シアター棟」で構成され、多くの飲食関連のショップはタワー棟にあります。落ち着いた店内でまったりと食事したい方は、タワー棟のショップで上質なグルメを味わってみてはいかがでしょうか。

【公式サイト】https://waters-takeshiba.jp/facilities/#shop

ブラウアターフェル

ブラウアターフェル
ブラウアターフェル

ドイツ語で“醸造家の食卓”を意味する「ブラウアターフェル」では、世界各地で愛されるクラフトビールに出会えます。ビールやワインの輸入販売事業、さらに「世界のビール博物館」などを手がけるワールドリカーインポーターズの新業態店舗で、特に石釜で一気に焼き上げたボリューミーなステーキは、味わった人誰もが納得する絶品です。

【公式サイト】https://atre-takeshiba.jp/shoplist/detail/brauertafel/

the 3rd Burger

the 3rd Burger
the 3rd Burger

「the 3rd Burger」は、今までにない革新的なハンバーガーを提供するカフェです。コンセプトは“Real Fresh ,Real Burger”で、特に店内で発酵から焼き上げまでを完了させるバンズが魅力。バンズには、保存剤・防腐剤が一切使われていません。

またパティは冷凍していないブロック肉を使うなど徹底したこだわりっぷりで、焼き上げを提供直前にすることでジューシーさを生みだしています。さらに野菜や果実がたっぷりと使われたドリンクは、素材が持つ美味しさを感じられます。

【公式サイト】https://atre-takeshiba.jp/shoplist/detail/?cd=000007

Bio c’ Bon(ビオセボン)

Bio c’ Bon(ビオセボン)
Bio c’ Bon(ビオセボン)

パリで生まれた「ビオセボン」は、今やフランスだけでなくヨーロッパ中に展開しているオーガニックスーパーマーケットです。フレッシュな生鮮食品と手が届きやすい価格が人気の理由で、ナチュラルな雰囲気の店舗が日本でも愛されています。

店内には、「ビオセボン」のこだわりが感じられる工夫が盛りだくさん。ナッツやドライフルーツを量り売りしているコーナーや、フランス発のオーガニックワインを実際に味わえるイートインスペースが設けられています。

【公式サイト】https://atre-takeshiba.jp/shoplist/detail/?cd=000006

芸術や娯楽で心を満たせる「シアター棟」

シアター棟 外観
シアター棟 外観

タワー棟は飲食店の豊富さが魅力ですが、シアター棟は新しい形のナイトクラブラウンジやコミュニティラウンジがあり、文化・芸術を通して感受性を磨ける点が魅力です。

ダイアログ・ミュージアム 対話の森

ダイアログ・ミュージアム 対話の森
ダイアログ・ミュージアム 対話の森

日本で初めてダイバーシティに注目し、実際に取り上げたミュージアム「対話の森」。視覚や聴覚に障がいを持った人や、高齢者が案内人となり、お互いの違いを飛び越えてコミュニケーションする “対等な対話”を実感できます。

視覚に頼らず楽しめる「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」、ボディランゲージや表情で相手へ伝える「ダイアログ・イン・サイレンス」、世代や年代に縛られず打ち解けられる「ダイアログ・ウィズ・タイム」などを体験可能です。

“見えないからこそ、みえるもの”、 “聞こえないからこそ、聴こえるもの”、 “老いるからこそ、学べること”を肌で感じることができるので、自身の視野を広げたい方はぜひ足を運んでみてください。

Digital Park LUXY

Digital Park LUXY
Digital Park LUXY

ラインナップ豊富なお酒やドリンクを片手に、さまざまな遊びができるエンターテイメント施設「LUXY(ラグジィ)」。臨場感のあるクレー射撃のほか、新しい形のデジタルシミュレーションが多数用意されています。併設のバーを利用すれば、普段は味わえない贅沢でリッチなひとときに身を任せられます。

CULAFUL(キュラフル)

CULAFUL(キュラフル)
CULAFUL(キュラフル)

子ども向けの施設をお探しの方は、URBAN・KIDS・ADVENTURE「CULAFUL」がぴったりでしょう。大自然をテーマに掲げたエンターテインメント施設で、キッズパークとキッズルーム、カフェの3つで成り立ちます。子どもだけでなく、大人もリラックスできるのが魅力です。開放的な遊び場はまさに広大な自然そのもので、パノラマ投影された映像が生み出すリアルな世界観にはつい引き込まれます。

そのほかの施設としては、テラスやバー、個室でフレンチを堪能できる「SUD Restaurant / TERAKOYA」や、音楽とショーを楽しみながら高級な雰囲気に浸れるオーシャンビューラウンジ「BANK30」が営業中です。

施設情報

ウォーターズ竹芝

【住所】〒105-0022 東京都港区海岸1-16
【問い合わせ先】公式サイトはこちら

アトレ竹芝

【住所】(タワー棟) 東京都港区海岸1-10-30/(シアター棟) 東京都港区海岸1-10-45
【電話番号】03-3432-0255
【営業時間】11:00〜22:00
【問い合わせ先】公式サイトはこちら

アクセス情報

電車で行く場合

  • JR山手線・モノレールゆりかもめ「浜松町駅」北口から徒歩約6分
  • 地下鉄大江戸線・浅草線「大門駅」B1出口から徒歩約7分
  • ゆりかもめ「竹芝駅」東口から徒歩約3分

車で行く場合

  • 東京駅から約13分

よくある質問Q&A

駐車場は利用できますか?

ウォーターズ竹芝専用の駐車場「NPCウォーターズ竹芝駐車場棟」を利用可能です。419台の駐車が可能で、60分600円、入庫後最大(繰返有) 24時間 で1,800円です。

ベビールームは利用できますか?

おむつ替え、授乳スペースが館内各所にあります。

ロッカーは設置されていますか?

コインロッカーや荷物預かり所はありません。

ホテルの宿泊者以外もレストランを利用できますか?

利用できます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる