【豊洲ベイサイドクロス】話題のレストランやホテルを一挙ご紹介!

目次

豊洲ベイサイドクロスとは?

豊洲ベイサイドクロス
豊洲ベイサイドクロス

1980年代にスタートした、豊洲2・3丁目再開発プロジェクトの一つとして建てられた「豊洲ベイサイドクロス」。商業施設にオフィス、ホテルが入居するスポットとして2020年6月にオープンしました。

豊洲ベイサイドクロスのメインとも呼べる建物「豊洲ベイサイドクロスタワー」には、「アーバンドック ららぽーと豊洲3」(地下1階~4階)や「三井ガーデンホテル 豊洲ベイサイドクロス」(33~36階)が入居し、中層階をオフィスゾーンがつないでいます。

「クロス」という名前にもある通り、豊洲ベイサイドクロスが目指すのはヒト・モノ・コトが「交差する場所」。地域住民の交流はもちろん、オフィスや飲食店、ショップ、ホテルなど異なる施設同士の交流が活性化し、豊洲の街を盛り上げる役割を果たしています。

ショッピングやグルメ、宿泊などの施設が充実しているだけでなく、ゆりかもめ「豊洲駅」と東京メトロ有楽町線「豊洲駅」両駅が直結というアクセスの良さも見逃せません。豊洲の魅力でもある海や緑などのゆったりとした自然を感じつつも、銀座まで10分圏内と好立地に位置する点も魅力的です。

豊洲に住む人々はもちろん、都心のオフィスワーカーやショッピングをしに来たファミリー層など、幅広い層が足を運びやすい好立地にあります。

アーバンドック ららぽーと豊洲 入り口
アーバンドック ららぽーと豊洲 入り口

豊洲ベイサイドクロスの完成にあわせて、「アーバンドック ららぽーと豊洲」がリニューアルしました。このリニューアルでは、外壁の全面塗替えやフードコートの拡張、授乳室の設置など、より快適に過ごせる工夫が多く施されています。

ベビー用品を取り扱う「アカチャンホンポ」や、おもちゃ量販店の「トイざらス」など、小さな子ども向けの商品を取り扱う店舗も入居し、ファミリー層のショッピングにうれしいラインナップとなっています。

豊洲パークブリッジ
豊洲パークブリッジ

海側には「豊洲公園」や「ららぽーと豊洲」があり、豊洲ベイサイドクロスからデッキやブリッジで気軽に足を運ぶことが可能です。このデッキやブリッジは、豊洲ベイサイドクロス以外の周辺施設への回遊性を高め、人流を増やし豊洲エリアを盛り上げています。

豊洲公園にかかる橋「豊洲パークブリッジ」の手前には「ピンポンフォレスト」と「クロスプラザ」2つの広場があり、ここではベンチに座ってゆっくりと過ごすことも。卓球台も並んでおり、訪れる人が思い思いの方法でリフレッシュできます。

豊洲ベイサイドクロスでは一つのエリアだけでなく、公園や海、商業施設などさまざまな施設を巡ることで、豊洲の魅力を強く感じられるでしょう。

見どころ

ららぽーと豊洲でショッピングやグルメを満喫する

アーバンドック ららぽーと豊洲3 入り口
アーバンドック ららぽーと豊洲3 入り口

豊洲ベイサイドクロスの地下1階~4階は、商業施設の「アーバンドック ららぽーと豊洲3」となっています。都心で働くオフィスワーカーにうれしい飲食店のほか、書店や家電、クリニックモール、託児所など生活の基盤となる店舗が揃います。ららぽーと豊洲3と既存のららぽーと豊洲は、デッキを通じて自由に往来が可能です。

ららぽーと豊洲3 地下1階フロア
ららぽーと豊洲3 地下1階フロア

地下1階のイートインスペースは、忙しいときのクイックランチに使いたいエリア。飲食店で商品を購入してから、イートインスペースへ持ち運んでそのまま食事が可能です。東京ベイサイドクロスや豊洲エリアに勤務する人にとっては、時間をかけず食事ができるので大助かりです。

「RF1 SALAD MEAL」で健康的なメニューをチョイスしたり、「麺や一途 導(shirube) 」で一流シェフによるひと味違ったラーメンを味わったりなど、多種多様なジャンルのお店が充実。飲食店のほかにはスーパーマーケットやベーカリーショップが営業しているので、急いでいる時はここで軽食をさっと購入するのが良いでしょう。

1階のレストランやカフェは早朝から夜遅くまで営業しており、仕事前の朝食や仕事終わりの夕食を目当てに利用するのもおすすめ。ワイン醸造所が手がける高級感のある「発酵食とワインふさみ食堂」や、健康的な料理を提供するオーガニックレストラン「WE ARE THE FARM 豊洲」など、少し大人な空気感のお店が揃っているのが特徴です。

ららぽーと豊洲3 2階フロア
ららぽーと豊洲3 2階フロア

2階にある書店「有隣堂」は、オフィスワーカー・ビジネスマン向けの書籍の取り扱いが豊富です。併設されるカフェでは、購入した本を持ち込んで読書ができます。(2022年3月現在、コロナ対策として書籍の持ち込みを休止しています)

また、3階にはデジタル家電専門店の「ノジマ」が営業しているので、お探しの家電がある場合は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

最上階の4階にある「SPBS TOYOSU」は、人と人、人と知性の出会いを促進する施設。ライブラリーとカフェ、ワーキングスペース、社会人スクールが融合したブックラウンジとなっています。イベントやワークショップなどがたびたび開かれるので、人と交流したり新しい知識を仕入れたりしたい人はぜひ訪れてみてください。

のどかな広場や公園でリフレッシュする

クロスプラザ
クロスプラザ

緑あふれる豊洲地域の魅力を活かしたエリアも、豊洲ベイサイドクロスの特徴です。特に豊洲公園からつながる「ピンポンフォレスト」と「クロスプラザ」は、まったりとした休憩場所としても、わいわいと盛り上がる遊び場としても利用できる人気のエリアでしょう。

木々が植えられた敷地内とモダンな豊洲ベイサイドクロス建物の組み合わせは、自然と都会の両方を感じられる落ち着く空間を演出します。卓球台も設置されており、家族や友人と盛り上がりながら交流することも可能です。イベントが開催されるタイミングで訪れれば、ふらふらと歩いているだけでも楽しいでしょう。

豊洲公園
豊洲公園

また、すぐ横の豊洲公園も忘れず足を運んでおきたいスポット。豊洲ベイサイドクロスから豊洲公園へは、「豊洲パークブリッジ」という橋から気軽に向かえます。

公園内には滑り台やブランコ、複合アスレチックなどの遊具が揃い、地域の子どもたちが仲よさそうに遊んでいる姿を見かけることも。春の桜や夏の水遊びなど、季節ごとに多様な楽しみ方があるのも豊洲公園の見どころです。

豊洲ぐるりパーク
豊洲ぐるりパーク

眼下には、豊洲ふ頭を大きく囲む「豊洲ぐるりパーク(豊洲ふ頭内公園)」という海沿いの遊歩道があります。全長約4.5kmと大規模で、豊洲エリアの4つの公園をつないでいるのが特徴。散歩やランニングをしている人も多く、レインボーブリッジや東京タワーなどの都会的な風景を楽しむこともできます。訪れた際は、湾岸の景色とともにゆっくりと散策してみてください。

ホテルで心身を癒やす

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス
三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス

「豊洲ベイサイドクロスタワー」の33~36階にあるのが、「三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス」です。「Tokyo Floating Journey 空に突き抜ける東京の旅」をデザインコンセプトに掲げ、航海をイメージしたストーリーのインテリアや、水辺や水面からインプレッションを得たデザインが展開されています。

潜水や浮上を感じさせるエントランスや、出港の意味が込められたエレベーター、航海を表した36階からの圧巻のパノラマビューなど、雄大な空の旅をしながら極上のホテルステイを堪能できるでしょう。

三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス
三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス

東京タワーやレインボーブリッジなどの東京らしい夜景を楽しんだり、風情のある庭園を眺めたりできる客室もあります。全225室ある客室のタイプは、ダブルやツイン、トリプルと広めがポイント。1人で贅沢に使うのも良いですし、家族や友人など複数人での宿泊にもぴったりでしょう。

また、ホテルには大浴場が完備され、ロマンティックな夜景を眺めながらゆったりとお湯に浸かることも。空中にある中庭は、夜にはライトアップされ非日常的なムードを漂わせます。

レストランでは、豊洲市場から仕入れた新鮮な魚介のイタリアンが提供。イタリアのマルシェをイメージしたおしゃれなカウンターや、本格的なピザ釜など、料理の味だけでなくイタリアらしい高級感のある雰囲気作りも欠かせません。

ライブキッチンで調理中の姿を眺めつつ、窓からは都会的な東京タワーを望めるなど、絶品料理と絶景の夜景はデートや記念日などの大切な日に訪れたくなります。朝食やランチでも利用できるので、宿泊せず食事だけを目的に訪れるのも良いでしょう。

施設情報

豊洲ベイサイドクロス

【営業時間】
アーバンドックららぽーと豊洲内の各施設

  • ショッピング:10:00〜20:00
  • サービス:10:00〜20:00
  • レストラン:11:00〜21:00
  • フードコート:11:00〜20:00

【定休日】年中無休
【駐車場】
場内駐車場:2,200台
駐車時間:24時間可能
駐車料金:最初の1時間無料、以降30分ごとに400円の加算
【住所】東京都江東区豊洲2-2-1
【公式HP】
ららぽーと豊洲
三井ガーデンホテル豊洲ベイサイドクロス

アクセス情報

電車で行く場合

  • 東京メトロ有楽町線「豊洲」駅2番出口直結
  • ゆりかもめ線「豊洲」駅より直結

バスで行く場合

豊洲駅周辺に停まるバス路線は以下です。

  • 門前仲町ー東京テレポート 区間の「海01(KM01)
  • 門前仲町ー東京ビッグサイト 区間の「門19
  • 森下駅ー日本科学未来館 区間の「急行06(土・休日のみ運行)」
  • 錦糸町駅ー晴海埠頭 区間の「錦13
  • 東京八重洲口ー深川車庫 区間の「東15
  • 東京八重洲口ー東京ビッグサイト 区間の「東16
  • 新橋駅ー東京スカイツリー駅前 区間の「業10

よくある質問Q&A

授乳室の利用やベビーカーのレンタルは可能ですか?

下記の授乳室を利用できます。

  • ららぽーと豊洲1 1F サウスポート(デリーモ横)
  • ららぽーと豊洲1 2F センターポート(THE SHOP TK横)
  • ららぽーと豊洲1 3F センターポート(オリンピア横)
  • ららぽーと豊洲2 1F(フードストアあおき横)
  • ららぽーと豊洲3 1F(100本のスプーン横)
  • ららぽーと豊洲1 2F ノースポート(四谷大塚横)

ベビーカーはセルフで貸し出しを行なっています(コインリターン式)。下記の場所で、自由に利用が可能です。

  • ららぽーと豊洲1 1F サウスポート(アフタヌーンティー・リビング横)
  • ららぽーと豊洲1 1F センターポート(nano・universe前)
  • ららぽーと豊洲1 1F センターポート(niko and…前)
  • ららぽーと豊洲1 1F ノースポート(コギー横)
  • ららぽーと豊洲1 2F サウスポート(MOMO natural前)
  • ららぽーと豊洲1 2F センターポート(caon横)
  • ららぽーと豊洲1 3Fサウスポート(江戸前寿し すしつね匠横)

そのほかの子ども向けサービスを知りたい方は、公式サイトをチェックしてみてください。

ペットは同伴可能ですか?

ペットを同伴できるエリアを知りたい方は、公式サイトを確認してみてください。

ただし、ペットの入店可否は、それぞれの店舗によって異なります。そのため、事前に各店舗へ問い合わせしておくと安心です。ドッグランエリアを利用できるほか、ペットを一時的にお預かりするサービスやペットカートのレンタルサービスなどもあるので、愛犬をお連れの方はぜひご利用ください。

コインロッカーは利用できますか?

下記の場所でコインロッカーを利用できます。

  • ららぽーと豊洲1 1F センターポート エレベーターホール 利用可能時間:24時間
  • ららぽーと豊洲1 1F センターポート「&mallデスク」裏エレベーターホール 利用可能時間:10:00〜21:00
  • ららぽーと豊洲1 2F ららぽーと豊洲1-2連絡通路入口 利用可能時間:10:00〜23:00
  • ららぽーと豊洲3 B1F「成城石井」前 利用可能時間:5:00〜25:00
  • ららぽーと豊洲1 3F ノースポート エスカレーター横 利用可能時間:10:00〜23:00
  • ららぽーと豊洲1 4F ノースポート エスカレーター横 利用可能時間:10:00〜23:00

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる