【東京ドームシティ】子供も楽しめるアトラクションズやデートにも使える宇宙ミュージアムTenQまで

目次

東京ドームシティとは?

野球場として利用されるほか、様々なイベント・コンサートも開催される「東京ドームシティ」。収容人数が5万5千人の東京ドームを中心とした総合地区で、定期的に開催されるイベントを通して大きな賑わいを見せています。

「後楽園ホール」「プリズムホール」「シアターGロッソ」「東京ドームシティホール」で構成され、異なる用途やキャパシティのホール・シアターを利用できるのが特徴です。

観覧車やジェットコースターなどの遊園地にあるようなアトラクションを楽しめるほか、ボウリングやローラースケート、ボルダリングなどのスポーツも充実。

東京ドーム内で開かれるイベントとともに多種多様なアミューズメント施設を利用でき、1日中遊んでも飽きることはありません。

さらに、気軽に温泉を楽しめるスパ型アミューズメント施設の「ラクーア」や、ブランドショップ、雑貨店、キャラクターショップなども注目のスポットです。

また、東京ドームホテルはアクセスが良いことから、遠方からイベントを目的に訪れた方にも人気。レストランやフードコートでは、観光の合間にほっと一息つきながら食事を楽しめます。

見どころ

イベントから野球観戦まで楽しめる東京ドーム

東京ドームは、席ごとに料金設定が異なるほか、イベントごとに座席の配置が異なるのが特徴です。例えばプロ野球を観戦する場合は、2階席・バルコニー席・1階/外野席・エキサイトシートの4つのエリアに分かれています。

また、多くのイベントでは11ゲートと20~25ゲートが出入り口として使われますが、イベントによってゲートは使い分けられるので訪れる際が事前にチェックしておくと良いでしょう。

野球観戦の際は、球場グルメや野球グッズもあわせて楽しむのがおすすめ。なかでも、東京ドームだけの限定グルメは注目したいところでしょう。

特にファストフード系のメニューが豊富で、「ドームメロンパンサンド(ハンバーグ)」(690円)や「東京ドームドッグ」(450円)など、東京ドームらしさが感じられるグルメが提供されています。

また、シーズンになるとGIANTSの選手がプロデュースしたお弁当も販売。選手の想いやこだわり、好きなものが詰まったグルメはファン必見です。さらにドーム内の各所には「アンダーアーマー」というスポーツブランドのショップがあるので、お土産をお探しの人はぜひチェックしてみてください。

心身をリフレッシュできるラクーア

アトラクションやショップ&レストラン、フィットネスなど魅力が盛りだくさんのラクーアですが、特に人気のエリアが「東京ドーム天然温泉 スパ ラクーア」です。都内では少ない天然温泉に入れるほか、低温サウナやトリートメントを利用できます。

ラウンジはリラックスできる落ち着いた空間で、ついうたたねしてしまうことも。仕事終わりに心身を癒やしたり、友人とラグジュアリーな施設を楽しんだりなど、さまざまな用途で使えます。

オープン時間から開館待ちをすることもあるので、時間に余裕を持って訪れるのが良いでしょう。(安全管理のために0歳〜5歳の入場は不可)。

また、会員制のフィットネスクラブも併設され、マシンジムやプール、スタジオなどの利用が可能です。インストラクターについてもらえば、フィットネスクラブ初心者でも使い方に困ることはありません。

また、様々な価格帯・ジャンルのレストランやファストフード店、カフェなどが営業するレストランエリアも見どころ。「京都高台寺 よ志のや」や「ニャーヴェトナム」など、日本料理から海外グルメなどバラエティー豊かなお店が揃います。

子どもも楽しめる東京ドームシティアトラクションズ

東京ドームシティといえば、ジェットコースターと観覧車が交差する光景をイメージする人も多いかもしれませんね。以前は「後楽園ゆうえんち」として親しまれていましたが、現在は入場料無料の「東京ドームシティアトラクションズ」として多くの人に利用されています。

サンダードルフィン(Thunder Dolphin)

最高斜度が80度にもなる「サンダードルフィン」は、ビルの合間を縫うように駆け抜ける高速ジェットコースター。観覧車ビッグ・オーの真ん中やラクーアの壁など、あらゆる場所をを突き抜けるスリル・迫力ともに満点のアトラクションです。

1,100メートルを90秒で疾走する抜群のスピード感は、絶叫系が好きな方が気に入ること間違いありません。待ち時間を短くしたいなら、「スキップパス」(700円。利用料金とは別)を購入するのも選択肢のひとつでしょう。

【料金】1,200円
【年令】8才~64才
【身長】130cm以上
【所要時間】90秒
【雨天の利用】不可

ビッグオー(Big-O)

「ビッグオー(Big-O)」は、東京ドームシティの象徴とも言えるアトラクション。15分間の空中散歩を、東京の風景を満喫しながら楽しめる観覧車です。ゴンドラ8台にはカラオケが搭載されており、最新のヒット曲や定番の歌を熱唱することも。東京の景色を眺めながらカラオケができるのは、ほかにはないビッグオーならではの体験でしょう。

【料金】850円
【年令】制限なし ※7才までは要付添い
【身長】制限なし
【定員】4名
【所要時間】15分
【雨天の利用】可

ワンダードロップ(Wonder Drop)

長さ280メートルのコースを最高時速50kmで走る「ワンダードロップ(Wonder Drop)」。コースの最後にはビル3階の高さから水面へダイブし、水しぶきを思いっきり浴びます。びしょ濡れにはなりますが、それがまた気持ち良いと評判です。ポンチョを購入できるので、濡れたくない人はぜひ。

【料金】700円
【年令】5才以上 ※8才までは要付添い
【身長】110cm以上 ※130㎝未満は要付添い
【定員】4名
【所要時間】3分30秒
【雨天の利用】可

ウォーターシンフォニー(Water Symphony)

ウォーターシンフォニーは、一度は聴いたことがあるクラシックの名曲とともに光と噴水がコラボするショーです。ショーの時間は約15分間で、1日に6回上演。それぞれ異なるプログラムで、料金は無料です。季節に合わせた演出や、東京ドームシティで開催されるイベントに合わせたプログラムを観ることもできます。

【料金】無料
【年令】制限なし
【所要時間】約15分
【雨天の利用】可(悪天候時は中止の場合あり)
【公演時間】 11:00/13:30/16:00/18:30/20:00/21:30の計6回 ※イベントによって変更の場合あり

また、東京ドームのすぐ横にある「スカイフラワー」は、透明のカゴに乗りながら60メートル近い高さまで上昇するスリルがたまりません。

そのほかには、お化け屋敷やメリーゴーランドなど遊園地で定番の後アトラクションを満喫できます。ミッション系の施設もあるので、小さなお子さんを連れた親御さんは利用してみるのも良いでしょう。

友人とわいわい盛り上がれるアミューズメント

屋外で楽しめるアトラクションのほかに、東京ドームシティは屋内向けのアミューズメント施設が見どころです。

例えば「屋内型スポーツ施設 スポドリ!」はバッティングやゴルフ、ボルダリングなどに挑戦できる複合施設。ゴルフはスクールも開講しており、未経験者でも気軽に挑戦できるのが魅力です。

さらに気軽に利用できる遊び場としては、「卓球場 TaKuSuRu(タクスル)」も根強い人気を集めています。

「東京ドームボウリングセンター」にはガターなしラインもあり、ボウリング初心者でも楽しめるのがポイント。お酒を飲めるバータイプのエリアも併設されています。

そのほか、都内でも大規模の「東京ドーム ローラースケートアリーナ」は、インストラクターから指導を受けることもできる数少ないリンクとして評判です。

これらのアミューズメント施設を利用したい人は、東京ドームシティ内の「黄色いビル」へぜひ足を運んでみてください。

観て体験できるミュージアム施設

東京ドームシティ内のミュージアム施設では、企画展などが定期的に開催されています。

例えば直径11mの大型円形高解像度シアター「シアター宙(ソラ)」がある「宇宙ミュージアムTenQ」(テンキュー)は、子どもから大人まで多くの人から人気のミュージアム。最先端のテクノロジーによる、宇宙の魅力や謎に迫ります。

宇宙のロマンを感じられるだけでなく、ミッションラリーなど家族や友達と盛り上がれるコンテンツも満載です。

さらに、「野球殿堂博物館」は野球好きにはたまらない博物館。野球界を盛り上げた功労者を「野球殿堂入りの人々」として表彰し肖像として飾ったり、そのシーズンに活躍した選手のユニフォームやバットなどのアイテムが展示されたりしています。

野球にまつわる貴重な資料や美術品に出会える野球専門の博物館は、「野球殿堂博物館」が日本で唯一です。

そのほか、大人のための遊べるギャラリー「Gallery AaMo(ギャラリーアーモ)」なども見逃せません。AaMoの「A」には「Art」や「Amusement」、「aMo」には「and More」の意味が込められています。

定期的に開催される企画展は独創的でユニークなものが多いので、訪れる際は事前にイベントの情報をチェックしておくと良いでしょう。

イベント参加に便利な東京ドームホテル

高さ155m、地上43階の超高層ホテル「東京ドームホテル」は、東京ドームシティのなかにあります。都内を一望できる圧巻の景色が魅力です。最寄駅は水道橋駅、後楽園駅でアクセスも良いため、東京ドームシティのイベントやアトラクションで思い切り遊んでから、そのまま宿泊するのもおすすめです。

【住所】 東京都文京区後楽1-3-61
【子供連れ】利用可
【ペット】不可

施設情報

東京ドームシティ

【営業時間・定休日】各施設の営業時間に準ずる
【駐車場】

  • タイムズ 東京ドーム駐車場
  • タイムズ ラクーア駐車場
  • タイムズ ミーツポート駐車場
    ※3つ共通で30分毎に440円(日によって1日の上限あり)
    ※各施設・店舗の利用による割引あり。
    【問い合わせ先】公式ホームページはこちら

アクセス情報

電車で行く場合

  • JR中央・総武本線「水道橋駅」西口から徒歩約6分
  • 都営地下鉄三田線「水道橋駅」A2出口から徒歩約6分
  • 東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」2番出口から徒歩約2分
  • 都営地下鉄大江戸線「春日駅」6番出口から徒歩約6分

車で行く場合

  • 首都高速5号線
    池袋・高島平方面から「飯田橋ランプ」
    銀座・新宿方面から「西神田ランプ」で降り、外堀通りを秋葉原方面へ進む。

よくある質問Q&A

ベビーカーはレンタルできますか?

下記の3ヵ所でベビーカーのレンタルを行っています。

  • ラクーア(2F)「インフォメーション」
  • 後楽園ホールビル(1F)「インフォメーション」
  • 東京ドームシティ アトラクションズ「スマイルカウンター」
コインロッカーは利用できますか?

コインロッカーは、東京ドーム内や後楽園ホールビル1F、ラクーア、ジオポリスなど、さまざまな場所にあります。料金や詳しい場所、大きさなどを知りたい方は、公式サイトの情報をご確認ください。

子ども向けのスポットはありますか?

小さなお子さんでも楽しめるアトラクションが集まった「東京ドームシティ アトラクションズ」や「屋内型キッズ施設 ASOBono!(アソボーノ)」、大迫力の「ヒーローショー」などがあります。ヒーローショーのスケジュールは、こちらからご確認ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる