【HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)】羽田空港までひと駅!伝統文化×最新テクノロジーを楽しめる話題の新スポット

目次

羽田イノベーションシティとは?

HICityの各建物を結ぶ2階デッキ「イノベーションコリドー」
HICityの各建物を結ぶ2階デッキ「イノベーションコリドー」

「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)」(略称:HICity(エイチ・アイ・シティ)以下、HICity)」は、2020年7月にオープンした大規模複合施設です。

羽田空港第3ターミナルから1駅の場所にある「天空橋駅」に直結しており、フライトを利用する方や観光客が羽田空港と合わせて利用したい観光スポットとして人気を集めています。延床面積は約13万平方m超と大規模で、東京を代表する観光スポットの一つとして見逃せません。

羽田昔ばなし横丁
羽田昔ばなし横丁

HICityは「文化」と「先端」の2つを主軸に、訪れた方へ先端技術の取り組みや日本文化への理解を深めてもらうことを目指しています。知識を深めることはもちろん、HICity内の施設にて体験型プログラムに参加も可能。文化分野では、無料の「足湯スカイデッキ」や日本の食を体験できる「羽田昔ばなし横丁」など、日本らしさを存分に体験できるスポットが集まります。

アバターロボット「newme」
アバターロボット「newme」

先端分野ではロボットの実証実験なども行われ、2020年にはアバターロボット「newme」を設置する試みが開始。リモートで移動を操作できるnewmeは、遠隔地からの見学体験や観光を実現します。

配送ロボットとの連携の様子
配送ロボットとの連携の様子

研究者やクリエーターのほか、国内外からの観光客が訪れ様々な人々が集まるHANEDA INNOVATION CITY。互いに刺激を与え合うことで「文化」と「先端」がマッチし、ヒト・モノ・コトの分野を飛び越えた交流を生み、新たな産業を誕生させます。

まだ見たことのない未来につながる体験や価値を生み出すまちづくりを進め、日本初のスマートエアポートシティ(*1)の実現を目指すスポットです。HICityは今後もさらなる成長が期待できる、東京観光では外せない注目スポットだと言えるでしょう。

(*1) スマートエアポートシティ:空港近接地の大規模複合開発で、実証実験などの取り組みを積極的に行うスマートシティのこと

各店舗の営業時間・内容は予告なく変更となる場合があります。おでかけの際は公式サイトでご確認ください。

見どころ

多彩なエンターテイメント

足湯スカイデッキ
足湯スカイデッキ

HICityには、老若男女誰でも楽しめる魅力的なエンターテイメント施設があります。そのなかでも、幅広い年齢層に対応する「足湯スカイデッキ」は、無料で体験できるのがうれしいポイント。

羽田空港の立地を活用した、見どころ満載のスポットだと言えるでしょう。体験型商業施設のビル屋上に設置されており、足湯に入りながら羽田空港周辺を飛び回る飛行機を眺めることが可能です。

足湯は4つあり、規模は小さめですがコンパクトでリラックスできます。デッキ内の自動販売機ではHICityのロゴが刻まれたタオルが販売されており、HICity観光の際のお土産にぴったりです。

足湯と飛行機鑑賞をまとめて楽しめる贅沢な取り組みは、好立地を活かしたHICityならではだと言えるかもしれません。飛行機を撮影するのに抜群のスポットであるのに加えて、イベントの開催場所としても使われます。昼間の時間帯だけでなく、夕暮れ時に訪れて羽田の夜景を満喫するのもおすすめです。

足湯スカイデッキのほかには、HICityで全国からイベントを目的に人々が集まるライブホール「Zepp Haneda(TOKYO)」も見どころ。1階が約2,500人、2階が約500人の合わせて約3,000人の収容人数を誇り、日本国内でも最大級のライブホールとして注目を集めています。

さらに、Zepp Haneda(TOKYO)では、音楽ライブや演劇、上映会、展示会、e スポーツ、企業イベントなど様々なイベントが開催。出演アーティストやイベント内容について知りたい方は、公式サイトで情報をチェックしてみてください。

ARTIST VILLAGE
ARTIST VILLAGE

敷地の南側には、HICityらしさが満載な「ARTIST VILLAGE(アーティストビレッジ)」があります。豊かな自然が広がる芝生広場で、ユニークなアート遊具の配置はほかの公園にはありません。都心に位置する羽田ですが、ARTIST VILLAGEは公園に近接していることから、広い空や爽やかな風を感じられるのが特徴です。

そのほかにも、HICityには人々の交流の場として使えるエンターテイメント施設がたくさん設けられています。約13万平方m超の延床面積のため全施設を巡るのは厳しいかもしれませんが、時間があるときにふらっと屋上や屋外、館内などを散策してみてはいかがでしょうか。

グルメにショッピング

駿河屋 ※オープン未定
駿河屋

HICityには、ショッピングや食事を楽しめるお店が多くあります。仕事や学校が終わってから、また休日のリフレッシュなどで訪れるのにぴったりです。大手アニメ・ホビー専門店の「駿河屋」が手がけるショールームもHICityの注目店でしょう。(新型コロナウイルス感染症拡大防止の為、当面の間休業中)

さらに、出版商社であり大規模な本屋を手がける「丸善雄松堂」のプロデュースによる「Creadisce」というダイニング&ブックラウンジもおすすめです。

カプセルトイといえば日本文化を代表する娯楽ですが、ガチャ専門店「ガチャポート」も子どもから大人、ファミリー層など幅広い層から愛されています。HICityにアニメやガチャなどの日本文化に関連する店舗が集まっているのは、海外から多くの観光客が足を運ぶ羽田空港近隣という立地ならでは。それぞれのショップへは、2階デッキのイノベーションコリドーを通じて辿り着けます。

とんかつ檍(アオキ)
とんかつ檍(アオキ)

ショッピングに加えて、HICityの魅力といえば多彩なグルメでしょう。たとえば羽田すぐ近くの大田区蒲田で親しまれ続ける「とんかつ檍(アオキ)」や、本格的な中華を味わえる「春香園」など、大田区にゆかりのある店舗が集結。観光客だけでなく、地元民にも地元の味を堪能してもらうため蒲田から飛び出しました。

また、昨今のクラフトビールブームに乗った「HANEDA SKY BREWING」も見逃せません。朝8時~22時と長時間営業しており、早朝のフライトで羽田空港へ到着した方や、深夜のフライトが出発するのを待つ際に最適です。そのほかにもARTIST VILLAGEには、屋外型カフェ&グリルが出店するフードトラックなどの屋外でもグルメを満喫できる仕組みがあります。

羽田昔ばなし横丁
羽田昔ばなし横丁

さらに、個性的な世界観で思わず高揚してしまう飲食エリアの「羽田昔ばなし横丁」も注目のエリア。飲食店プロデューサーである山本浩喜氏が手がけた「日本食体験型レストラン」で、料理と日本の食文化の両方を体験できます。

外国人観光客に楽しんでもらうのはもちろん、日本人に日本の食の魅力を再発見してもらうことを目的としており、エリア内に出店する飲食店はどれも名店です。各分野において本物の「ルーツ」を持っているのに加えて、赤と白のどこか懐かしい提灯が昔ながらのレトロな雰囲気を演出しています。

最先端のテクノロジー

羽田出島 DEJIMA  by 1→10
羽田出島 DEJIMA by 1→10

HICityのテーマの1つといえば「先端」ですが、敷地内には先端テクノロジーを駆使した様々な施設があります。なかでも「羽田出島 DEJIMA by 1→10(デジマ バイ ワントゥーテン)」は、複数の技術を組み合わせることで誕生したHICityで注目のスポット。「テクノロジー」に「日本文化」が掛け合わされた特殊な空間となっており、MR技術で仮想世界と現実世界を重ねています。

Magic Leap 1
Magic Leap 1

「Magic Leap 1」という特殊なメガネを装着して、最新テクノロジーにより日本の伝統文化がアップデートした架空世界「ネオジャパネスクの世界」の旅へ出発。日本らしい四季折々の景色や懐かしいレトロな風景が、現代調にアップデートされた形で目の前に現れます。

今までに体験したこのないような没入感を味わえるのは、Magic Leap 1のレンズ内に投影される昔ながらの3D映像と現実の世界が重なり合っていることが理由。最初の2つの部屋はMagic Leap 1を装着してMR技術を味わい、メガネを外してからは壁に投影されるプロジェクションマッピングとともに、アクロバティックで見応え抜群な音楽やパフォーマンスを満喫できます。

ファンコミュニティコマース「ENU」
ファンコミュニティコマース「ENU」

また、国内各地における美しい場所から影響を受け、和の匠がつくりあげる逸品の展示物を眺めることもできます。日本全国で活躍する職人たちとオンラインで繋がり、彼らとの会話を通して商品を選び購入できるファンコミュニティコマース「ENU」のコーナーが設置されています。お気に入りの作品に込められた想いを感じつつショッピングができる、新感覚のショッピングスタイルが魅力です。

LUXURY FLIGHT
LUXURY FLIGHT

そのほかにも、HICityには「テクノロジー」を肌で感じられる施設が数多くあります。「LUXURY FLIGHT」は日本では初となる戦闘機フライトシミュレーターを体験できる施設で、海外から輸入した設備により、戦闘機に乗車し実際に戦っているかのような感覚を堪能することが可能です。

羽田みらいサイエンスギャラリー
羽田みらいサイエンスギャラリー

「羽田みらいサイエンスギャラリー」は、細胞の研究の面白さを伝える施設。理化学研究所(理研)が監修する常設の「ハローマイワールド わたしたちは細胞でできている」が展示され、展示室には直感的に操れる映像体験装置が設置されています。小学校低学年などの幼いお子さんでも、細胞の世界を気軽に体験可能です。

そのほかにも、国内外のクリエーターや研究者、アーティストが交流する「Innovation Salon」、国際学会や展示会が開催される「コングレスクエア羽田」、株式会社デンソーが自動運転技術などの研究開発を行う実証拠点「先端モビリティセンター」などがあります。タイミングによっては研究実証の現場を実際に近くで見学できる可能性もあるため、訪れた際はチェックしてみてください。

施設情報

羽田イノベーションシティー

【営業時間】

  • 羽田バル HANEDA SKY BREWING:8:00〜22:00(平日)、11:00〜22:00(土日祝)
  • デイリーヤマザキ:7:00~19:00(平日)、9:00~17:00(土日祝)
  • DEJIMA by 1→10:10:00~18:00 (最終入館 17:30)(金土日祝)
  • インフォメーションセンター:9:00〜20:00
  • 足湯スカイデッキ:5:30〜23:30
  • アーティストビレッジ:24時間
  • 駐車場、バイク置場、駐輪場:24時間

各店舗の営業時間・内容は予告なく変更となる場合があります。おでかけの際は公式サイトでご確認ください。

【住所】東京都大田区羽田空港1丁目1番4号
【問い合わせ先】公式ホームページはこちら

アクセス情報

電車で行く場合

  • 京浜急行電鉄空港線・東京モノレール「天空橋駅」 直結

よくある質問Q&A

近隣に宿泊できる施設はありますか?

HICityの敷地内に、「京急 EXイン羽田イノベーションシティ」があります。遠方からHICityへ訪れる方はもちろん、羽田空港との間に無料のシャトルバスが運行しているため、翌日に飛行機を利用する方にもぴったりです。天空橋駅直結と好立地なだけでなく、大浴場が導入されているなど使い勝手が抜群です。

駐車場は利用できますか?

HICity内にある(P1)東側駐車場は24時間利用可能で、料金は30分150円、1日最大2,100円です。24時間以上駐車をする場合は、60分ごとに300円の追加料金がかかります。また駐輪場とバイク置き場も利用可能です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる