立川の新しいランドマーク グリーンスプリングス(GREEN SPRINGS)完全ガイド

目次

グリーンスプリングスってどんなところ?

2020年にオープンしたグリーンスプリングスのコンセプトは「空と大地と人がつながる”ウェルビーイングタウン」。身体だけではなく、心も含めた健康を実現する新しい街として作られました。オープン当初からコロナ禍に見舞われたものの、すでに立川の新たななランドマークとして市民や来訪者に親しまれています。

グリーンスプリングスは、多摩地区で最も大きい2,500人収容可能なホール、インフィニティスパが特徴的なソラノホテル、緑に囲まれたオフィスビル、様々なお店が軒を連ねるショッピングエリア、多くの緑に溢れる広場の5つで構成されています。180台収納の駐車場も備えます。

街と自然の境界をなくすように設計され、広場を中心とした建物の配置や、水の流れる「カスケード」と一体となるように考えられています。

動画

ホテルのスパでの癒やし

グリーンスプリングスにある「ソラノホテル(SORANO HOTEL)」のコンセプトは、心にも体にも健やかであること「ウェルビーイング」。都心からもほど近い立地ながら、多くの緑に囲まれた非日常の空間を実現、温泉やスパ、ワーケーションや美味しい食事など、様々な癒やしを気軽に楽しむことができます。従来のホテルの常識を破る自由な発想で、新しい心地よさや喜びを提供します。

最も注目すべきは、最上階の11階にある「インフィニティプール」です。シンガポールなど世界の高級リゾートでも見られる、空と水面が一体となったような設計で、立川の街並みを見下ろす景色と相まって、圧倒的な開放感と非日常感を実現します。独自に掘削した温泉水を利用しているため、冬季も含めて1年中楽しむことができます。天気が良い日には遠く富士山が見られることも!

また、ホテル内にはジムやスパ、サウナがあり、良質なフィットネスとリラックスの両方を楽しむことができます。

インテリアのデザインはテントがモチーフとなっており、屋内でもキャンプと自然を感じられる空間に仕上がっています。客室も通常よりもかなり広め(52平米以上)に作られており、全ての客室に昭和記念公園を望む気持ちのよい眺望のバルコニーがあります。ハンガリー産の羽毛を使った布団、ベッドは窓に向かって置かれるなど眠りの質にもこだわり、非日常感と癒やしを実現するホスピタリティが室内にも横溢しています。

ホテル内のレストラン「ダイチノレストラン」は、食材と安全性にこだわった多彩なメニューを用意。
食の安全性はもちろん、季節によって変化する旬の食材と味わいにこだわり、素材の本来持つ美味しさを最大限に引き出した多彩な料理を用意しています。オープンキッチンでの調理を眺めながら、できあがってくる素敵な料理を待ちましょう。

おしゃれなグルメを堪能する

グリーンスプリングスには様々な飲食店が入居しています。中でもおすすめの飲食店とメニューをご紹介します。

NORTH LINK Coffee&Tea

「NORTH LINK Coffee&Tea」は、札幌で人気カフェ「森彦」の新しいカフェブランド「ノースリンク」の旗艦店で東京エリアでは初の出店となったお店です。店内は、ゆったりと過ごせる「ラウンジエリア」と仕事や勉強に打ち込める「コワークエリア」という2つに分かれており、用途やシチュエーションによってエリアを変えて過ごすことができます。

コワークエリアは仕事、勉強、打合せなどが快適にできるスペースです。パソコンを繋げられるモニターやブラックボードを備えたミーティング用のブースが設けられており、回りを気にすることなく、その時々の用途で利用できます。

勉強や仕事に利用できるスタディカウンターは、荷物や飲み物の置き場など使いやすさが徹底されており、作業スペースが広く取れます。もちろん、Wi-Fi、電源(ACとUSB)も完備され、あらゆる作業が捗ります。

メニューは、森彦焙煎のコーヒーや、表参道の「ラヴォンド」セレクトの紅茶のメニューが揃っています。札幌で人気のジェラテリア「円山ジェラート」と3社で開発したオリジナルメニューはこちらだけの限定提供となっています。

FLOWERS BAKE&ICE CREAM

全国にお店を展開している日比谷花壇の新業態「FLOWERS BAKE&ICE CREAM」はこちらが初出店となります。様々な角度でお花を体験し楽しむことができます。エディブルフラワー(食べられるお花)があしらわれたドリンクや、インテリアを鮮やかに彩ってくれる雑貨などが販売されています。

100本のスプーン TACHIKAWA

ファミリーにおすすめなのが「100本のスプーン」。お子様連れでもゆったりと楽しめるように設計されており、ボックス席やカフェテーブル、小上がりの席もあり、小さなお子様と一緒に気兼ねなく美味しい料理が食べられます。開放感溢れるガラス張りの店内は、「となりのサンドイッチ」も併設、こちらの料理をテイクアウトして楽しむことも可能です。

こちらで特に人気のメニューが「リトルビックプレート」。お子様ランチを彷彿とさせるビジュアルで、少量ずつの料理がプレートに載せられており、いろいろなものをちょっとずつ食べたい、というニーズにピッタリです。昔を思い出して楽しむ方が多そうです。

ファミリーに特化していることもあり、お子様向けのメニューにも力を入れています。「大人と同じものが食べたい」という要望を叶えるべく、味やビジュアルはそのままでハーフサイズにしたものを提供。待ち時間で退屈しないようにメニューで塗り絵が楽しめたり、もっと小さいお子様用に離乳食の提供もしています。

under the cascade(アンダー ザ カスケード)

「under the cascade(アンダー ザ カスケード)」は人気のアメリカンダイナー。広々とした空間にコンテナモチーフのおしゃれ内装を取り入れ、本場アメリカ、ニューヨークの雰囲気が漂います。丁寧に焼き上げられたパティと香ばしいバンズが美味しいハンバーガーはもちろん、サイドメニュー含めて、多彩なアメリカのストリートフードが楽しめます。チーズケーキやパンケーキなどスイーツも美味しく、お食事だけではなくカフェとしても利用も可能。最大100名までのパーティ用の設備も完備しており、色々なシーンで使い勝手が良さそうです。

大人も子供楽しめる施設「PLAY!」

グリーンスプリングスには先程ご紹介した飲食店だけでなく、親子で楽しめることをコンセプト
にしたお店や施設が多数あります。中でもオープンから非常に高い注目を集めたのが多摩地区では初の大型複合文化施設として建てられた「PLAY!」です。美術館「PLAY! MUSEUM」遊び場「PLAY! PARK」のを中心に、保育園やカフェなどもあります。

PLAY! MUSEUMのコンセプトは「ありそうでない」美術館。国内外の著名な絵本作家を紹介する常設展と、新たなクリエイターやアートをフィーチャーする企画展があり、2つの展示が展開されています。館内は展示作品が一番良く見えるように設計されており、常設展では絵本の原画や資料が展示。子供だけでなく大人も楽しめる空間となっています。企画展では「できあがった作品を並べるだけでなく、空間のなかの楽しみを見つけていくようなもの」を目標に展示されています。
※常設展、企画展との最新情報は PLAY!公式サイト https://play2020.jp/about/ をご確認ください。

2階にあるPLAY! PARKは「未知との出会い」がテーマの、子どものための屋内広場です。身近にある素材でできた遊具を使用して、子どもたとが自ら遊びを見つけることを促します。親子で参加できるワークショップのプログラムも豊富にあります。

館内は子供が安心して楽しめるように親御さんが見守れるような構造になっており、授乳やベビーカーを置くスペース、おむつの交換場所も完備されており、小さなお子様連れでも安心です。

館内のカフェ PLAY! CAFEでは、立川の有機栽培農園である鈴木農園の新鮮な旬の野菜を使ったお食事メニューなどを提供。展示会関連のオリジナルメニューも提供され、展示物と一緒に料理を楽しむことが可能です。

地区最大の多機能ホール

「立川ステージガーデン(TACHIKAWA STAGE GARDEN)」は多摩地区最大規模の多機能ホールです。

客席数は2,500席、スタンディングでは3,000人まで収容。一年を通じてあらゆるイベントに対応可能です。ホールとしてもライブハウスとしても、シアターや劇場としても使えるため、ジャンルを問わず、様々なイベントが開催されています。

非常に珍しい、屋内と屋外の施設をシームレスに利用することができる設計で、2階席後方を開放することで広大なスペースが生まれます。音響設備も整っているため、屋内の音を屋外にも響き渡らせることが可能です。大型の野外スロープからは国営昭和記念公園や富士山を望む屋上まで行くこともできます。スロープには水の流れるカスケードがあり、いつも多くの子供たちが遊んでいます。

広場でゆっくり過ごす

グリーンスプリングスの中心にある約10,000平米の広場は、小さな池や噴水、多くの木々や草花が植えられており、利用者の憩いの場として親しまれています。また、パブリックアートが多くの場所に展示されているのも特色です。広場にある「GOOD SOUND COFFEE」でコーヒーを買って、緑を見ながらゆっくりと休憩するのもおすすめです。

アクセス情報

電車で行く場合

  • JR中央線「立川駅」北口から徒歩約8分
  • 多摩都市モノレール「立川北駅」国立昭和記念公園方面出口から徒歩約4分

車で行く場合

  • 中央自動車道「国立府中 IC」から約30分
  • 中央自動車道「八王子 IC」から約30分
  • 圏央道「青梅 IC」から新青海街道経由で約60分

よくある質問

ペットは連れて入れますか?

入っていただくことは可能ですが、施設内ではペットから離れず、他のお客様への迷惑、危険が無いよう十分に配慮しましょう。なお、盲導犬、聴導犬、介助犬は全館(エスカレーターを除く)同伴可能です。

駐車場はありますか?

180台駐めることができる駐車場があります。
【平日(特定日を除く)】30分毎/250円
【土・日・祝日及び特定日 】30分毎/300円

【立川ステージガーデン】チケットはどこで買えますか?

イベントによって異なります。詳しくは立川ステージガーデン公式サイトをご確認ください。

【立川ステージガーデン】駐車場はありますか?

立川ステージガーデン専用の駐車場はありません。公共交通機関等を利用しましょう。

【立川ステージガーデン】ホール内での飲食はできますか?

客席内でのご飲食は不可です。

【ソラノホテル】チェックイン・チェックアウトの時間は何時ですか?

基本的にチェックインは15:00、チェックアウトは12:00です。

【ソラノホテル】宿泊者でなくても、SPAは利用できますか?

利用は宿泊のお客様とSORANO SPAクラブ会員のみです。

【ソラノホテル】予約方法を教えてください。

ソラノホテル公式サイトにて受け付けています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる