【フジテレビ本社】球体展望室やスタジオ見学、限定グッズも手に入れたい!お台場の人気観光スポットの見どころ

目次

フジテレビとは?

フジテレビ本社ビル
フジテレビ本社ビル

1997年、港区台場の「FCG(エフシージー)ビル」へ本社を移転したフジテレビ。以降、お台場を拠点に多数の番組を撮影したりイベントを開催したりしています。

「お台場といえばフジテレビ」というイメージを持つ人も多く、日本のテレビ局のなかでも本社の場所が最もよく知られているテレビ局だといえるかもしれません。テレビの撮影が行われているだけでなく、ショッピングやグルメ、展望台からの景色を楽しめる観光スポットとして幅広い層から人気を集めています。

地上25階、地下2階、高さ123.45mの建物は、代々木第一体育館などを設計した丹下建三氏が堪能したもの。本社ビルの縦横の比率は、テレビ画面と同じ16対9のサイズです。正面向かって左側の「メディアタワー」と右側の「オフィスタワー」の2棟の間にある大きな球体は、一度見たら忘れられない写真映えする光景だといえるでしょう。

チューブエスカレータから見えるはちたま
チューブエスカレータから見えるはちたま

カフェや吹き抜け空間の「フジテレビモール(1階)」や、ガラス張りのチューブエスカレーターを上った先にある「フジテレビギャラリー(5階)」、外の大階段につながる「テラス(7階)」など無料見学エリアも盛りだくさん。ニュースやドラマ、バラエティ番組など、撮影で使われる大小スタジオもあります。

7階につながる大階段
7階につながる大階段

25階の球体展望室「はちたま」へは、7階から「シースルーエレベーター」または「25階最速エレベーター」のどちらかで向かうことができます。25階は有料のエリアですが、フジテレビ内でも人気のスポットのためぜひ訪れてみてください。また、球体内の24階は2022年4月現在は休業中ですが、通常は見学スペースとなっています。

見どころ

球体展望スペースから東京の景色を一望

はちたま展望室内
はちたま展望室内

東京の名所を一挙に眺めたいなら、25階の球体展望室「はちたま」へ足を運んでみてください。東京のシンボルともいえる「東京スカイツリー」や「東京タワー」のほか、高層ビル群が立ち並ぶ都会的な光景を楽しめます。天気が良く空気が澄んでいる日は、遠く向こうに富士山を望めるでしょう。

この球体展望室から、最も近くきれいに堪能できるのがレインボーブリッジです。晴れた昼間はもちろんのこと、夕方のしっとりとした雰囲気もおすすめです。ライトアップされた美しいレインボーブリッジが見たければ、日没が早い冬の時期に訪れるのが良いでしょう。特にクリスマスシーズンのライトアップは、ロマンティックでうっとりします。

てんぼーくん
てんぼーくん

展望台にあるテレビ望遠鏡の『てんぼーくん』は、テレビ画面に映される景色を堪能できる少し珍しい仕様となっています。展望室の入場チケットは、7階にある売り場で購入が可能。エスカレーターで7階まで向かい、チケットを購入してから展望室へ向かってください。開放感のある展望室からのパノラマには、感動すること間違いありません。

展望室入口エレベータ
展望室入口エレベータ

また、お台場でプロポーズをしたい方向けのプランもあります。「はちたま球婚プロポーズプラン」というサービスを利用すれば、夜間にはちたまを貸切りしたり、社員レストランでディナーを堪能できたりといったロマンティックなプラン・オプションを利用できます。そのほか、企画展の開催などイベントも随時行われるので、訪れる際は公式サイトを確認してみましょう。

「めざまスカイ」でめざましテレビの世界観を堪能

めざまスカイ
めざまスカイ

2022年4月現在は休業中ですが、24階には情報番組「めざましテレビ」で使用されたスタジオ「めざまスカイ」があります。スタジオは広々としており、奥にある窓を見るとレインボーブリッジが目に入ります。

スタジオセットにある「めざましくん」
スタジオセットにある「めざましくん」

通学や出勤の前にめざましテレビを見ている方にとって、スタジオ内にある見覚えのあるセットは見ているだけで嬉しくなるかもしれません。ここではキャスターやアナウンサーを演じてみたり、めざましくんと記念撮影したりしてみてはいかがでしょうか。

サインボード
サインボード

過去に登場したゲストのサインが飾られるサインボードを見ることもできます。当時のメンバーの写真が展示されていたり、ガラステーブルにサインが書かれていたりなど、見ているだけで飽きません。

「フジさんテラス」と「ギャラリースペース」でここだけのイベントに参加

7階テラス
7階テラス

7階の「フジさんテラス」や5階の「フジテレビギャラリー」は、イベント会場やライブステージとして利用される場所。イベント開催時は、たくさんの子どもや家族連れでわいわいと盛り上がっています。

2022年4月現在、「フジさんテラス」にはアニメ・ONE PIECE(ワンピース)のビジュアルが展示されたり、「フジテレビギャラリー」にはコミックス100巻分の表紙の複製原画が並べられたりしているので、ワンピースファンの方はぜひチェックしてみてください。ワンピースの歴史に触れながら、写真撮影を楽しめます。

下から除くはちたま
下から除くはちたま

また、上を見ると球体展望室「はちたま」が目に入ります。この場所限定の迫力ある光景なので、ぜひ忘れずに覗いてみてください。

庭園からの景色
庭園からの景色

東にはパレットタウンの大観覧車、北にはアクアシティやゆりかもめなどお台場の夜景、そして西側には夜景が美しいグランド日航台場ホテルなど、方角によってまったく違うお台場の景色を堪能できるのも贅沢なポイントです。雨よけやベンチも設置されているので、時間がある方はゆったりとしたひとときを過ごしてみては。

フジテレビらしいお土産を探す

「はちたまショップ」と「フジさん」

はちたまショップ
はちたまショップ

「はちたまショップ」は、25階の球体展望室「はちたま」の中にあります。2022年4月現在は営業を休止していますが、ここではちびまる子ちゃんやめざまし君など、フジテレビに関連するキャラクターのオリジナルグッズを販売しています。

特にフジテレビを代表するマスコットキャラクターのラフくんが「はちたま」を持つキーホルダーは、フジテレビらしさが感じられる人気のグッズ。店の前にはガチャピン・ムックのガチャガチャなどが置かれているので、試してみるのもおすすめです。

また、フジテレビショップ「フジさん」は7階の「フジさんテラス」にあり、長年愛される人気番組のグッズが取り揃えられています。特にアニメのコーナーが充実しており、和食器やフィギュア、キャラクターになれるウェアなど、幅広いラインナップの商品が販売中です。

すぐ横のフリースペース「フジさんのヨコ」ではイベントが開催されたり、関連商品やグッズが販売されたりするので、事前にイベントをチェックして限定商品の情報を調べておくといいかもしれません。

チャギントンショップ&キャラクターショップ

チャギントンショップ
チャギントンショップ

1階には、小さな子どもを中心に愛されるアニメ「チャギントン」のキャラクターショップがあります。ほかでは買えない限定商品もあるので、お子さんやお孫さんを喜ばしたいならぜひ訪れてみてください。

店内はチャギントンを彷彿させる赤をベースとした内装で、幼稚園や保育園にも持っていきたい可愛らしいグッズのほか、誕生日などの特別な日に購入したいギフトセットなどが手に入ります。また、お子様連れにも安心の、おむつ替え・授乳スペースがレジの奥に設置されています。

サザエさんのお店

サザエさんのお店入口
サザエさんのお店入口

1階にあるのが、国民的アニメの「サザエさんのお店」。日本でたった一つの「サザエさん」のオンリーショップで、店の外にあるモニュメントは撮影スポットとして人気です。サザエさんの髪型になれるカチューシャや、飼い猫の「タマ」のご当地キーホルダーなど、ユニークなデザインの商品はお土産に最適。

店舗に併設されるサザエさん茶屋では、サザエさん・波平・タマの形をした「サザエさん焼」を焼きたてで堪能できます。そのほかサザエさんソフトなどの限定グルメもあり、フジテレビ社屋を一通り見終わった後の一休みに利用したくなります。

スタンプラリーに参加してプレゼントをゲット

スタンプラリー用紙
スタンプラリー用紙

せっかく観光するなら、社屋を巡るだけでなくスタンプラリーに参加してプレゼントを狙いましょう。スタンプは全5ヵ所でゲットでき、スタンプカードは1階のインフォメーションセンターで手に入ります。

もうひとつのスタジオ「湾岸スタジオ」まで散策

湾岸スタジオ
湾岸スタジオ

フジテレビ本社から徒歩約12分の距離に、地下1階、地上7階建ての「湾岸スタジオ」があります。ここでは、JTBグループとフジテレビが共同開発する「教育プログラム」の体験が可能です。

今まで中学生・高校生を中心に90,000人以上が体験しており、プロ用の放送機材を使い「きょうのわんこ」など番組制作の職業体験ができます。そのほかにも、大学生向けの映像制作やメディアリテラシーの講座などが用意されています。

また海外プログラムもあり、実際に1ヵ月弱の海外ロケを経験することも。ハワイやニュージーランドでの実績があり、英語での仕事や企画、ロケなどを体験できる貴重なプログラムとなっています。

イベント開催時の入口
イベント開催時の入口

湾岸スタジオへは、ダイバーシティの巨大ガンダムを背にしながら、セントラル広場のウェストプロムナードの並木道を散策しながら向かうことができます。道中にある「東京国際交流館」が手がける各国の国旗を眺めつつ、訪れてみてはいかがでしょう。

施設情報

お台場フジテレビ(FCGビル)

【営業時間】開館時間は10:00から18:00
※球体展望室は17:30までの入館です。

【休館日】月曜日。月曜日が祝日の時は翌日の火曜日が休業となります。
※G.W、夏休み、年末年始などは変更の可能性がございますのでご注意ください。

【料金】
通常料金

  • 大人 高校生以上:700円
  • 小人 小中学生:450円
    ※平日に限り、学生証の提示で高校生は入場料金560円となります。

団体料金(20名以上)

  • 大人 高校生以上:560円
  • 小人 小中学生:360円

【住所】〒137-8088 東京都港区台場2-4-8
【TEL】03-5531-1111(10:30〜17:30 平日のみ)
【問合せ先】https://www.fujitv.co.jp/safe/contact/
【公式ホームページはこちら】https://www.fujitv.co.jp/gotofujitv/index.html

【駐車場情報】
※フジテレビ内に専用の駐車場はありません。近隣では、下記のパーキングの利用が可能です。

  • シンボルプロムナード公園駐車場
    駐車台数 : A棟(119台)B棟(115台)
    ご利用料金 : 2時間/600円(税込) 以降30分毎に150円(税込)

一番フジテレビの入口に近い駐車場です。 A棟とB棟があり、 B棟のほうがフジテレビに近いです。。

  • ダイバーシティ東京プラザ駐車場
    駐車台数 : 1,400台
    ご利用料金 : 1時間/500円(税込) 以降30分毎250円(税込)

ダイバーシティで買い物をすると、駐車料金が最大4時間無料となります。三井ショッピングパークポイントカード会員は1時間無料などのサービスもあるので、ダイバーシティHPで詳細をご確認ください。

  • NPC24Hトレードピアお台場パーキング
    駐車台数 : 27台
    ご利用料金 :00:00~24:00 400円/30分

フジテレビの向かいにあり、デックス東京にも近い駐車場です。

  • 台場フロンティアビル Times
    駐車台数 : 113台
    ご利用料金 :
    通常料金:30分毎 440円(7:00〜23:00)
    60分毎 110円(23:00〜7:00 )
    最大料金:1,200円(7:00〜23:00)

ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅より徒歩約1分、トレードピアの隣にあるビルです。

アクセス情報

電車で行く場合

  • ゆりかもめ「台場駅」から徒歩約3分
  • りんかい線「東京テレポート駅」から徒歩約5分

車で行く場合

  • 都心方面からは、首都高速11号台場線でレインボーブリッジを渡り台場ランプで降りて約3分
  • 羽田・横浜方面からは、高速湾岸線「臨海副都心出口」で降りて約1分
  • 千葉方面からは、高速湾岸線「有明ランプ」で降りて約4分

バスで行く場合

  • 田町駅東口・品川駅東発のお台場レインボーバスで30分程度「フジテレビ前」下車すぐ
  • 門前仲町・品川港南口発の都バスで30分程度「フジテレビ前」下車すぐ
  • 大井町駅発の京浜急行バスでで17分程度「フジテレビ前」下車すぐ
    平日はバスの本数が限られているので注意してください。

水上バスで行く場合

  • 浜松町駅から徒歩約7分の「日ノ出桟橋」から乗船。20分ほどで「お台場海浜公園」着。そこから徒歩5分程度

よくある質問Q&A

フジテレビで見学できるエリアはどこですか?

下記のエリアを見学できます。

  • フジテレビモール(1F)
  • フジテレビギャラリー(5F)
  • フジさんテラス(7F)
  • 球体内「めざまスカイ」(24F) ※2022年4月現在休業中
  • 球体展望室「はちたま」(25F)
フジテレビのグッズはどこで買えますか?

1階・7階・25階にショップがあります。そのほかでは、ダイバーシティやスカイツリー、東京駅でもフジテレビのグッズを購入できます。

芸能人やアナウンサーに会うことは可能ですか?

残念ながら、開放されているエリアで会う機会は少ないです。フジテレビのイベントや観覧などに参加するのがおすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる