夏だ!甘いものを食べて休憩したい!下北沢の美味くて冷たいスイーツ3選

目次

BALLOND’ESSAI(バロンデッセ)

バリスタが淹れるラテをいただける、ギャラリー併設のコーヒースタンドです。5人ほどが座れるイートインスペースがあり、テイクアウトも可能です。

ラテアートの体験もでき、店内ではコーヒー豆の販売も行っています。ドリンクだけでなく、アフォガードや、かき氷の販売も。コーヒーやコーヒーのスイーツを片手に、アートを楽しめるお店です。

写真は、エスプレッソかき氷。コーヒーのシロップとミルクのシロップがかかっており、さすがカフェラテのお店!コーヒーの香りと苦味がとても良い。ミルクのシロップが甘さと濃厚さを追加してくれるので、とても食べやすいです。かき氷の一番下には、これまた風味の良いコーヒーゼリーが。かき氷が溶けるとまさにアイスカフェラテになるので、最後の一滴まで美味しい一品です。

窓からアイス

スイーツが人気のカフェ「料理と暮らし 適温」 の出窓から販売する、自家製ジェラートの専門店です。

定番のミルクやバニラ、夏にぴったりなソルベや、バジルミルクなんて変わり種もあります。出窓の近くにベンチがあり、そこで食べることができます。駅近で暑い夏にもってこいの甘いスイーツです。

写真は、函館ミルクとショコラ。優しい甘さのミルクと濃厚なショコラで、やっぱり夏にはジェラートだ!と幸せを感じる。風が吹いていたりすると本当に溶けるのが早いので要注意です!

天ノ屋(あまのや)

純氷は一切使用せず、山梨県の蔵元八義の天然氷のみを1年中使用し、天然氷ならではのふんわり食感を楽しめるかき氷店です。かき氷には完全無添加の練乳とシロップが使われており、イチゴやマンゴーなどの定番、黒蜜きな粉や抹茶あずきなどの和風、ティラミスやキャラメルなどの変わり種までいただけます。

木のテーブルや椅子がとても温かみがあり落ち着く空間で、ゆったりかき氷を楽しむことができます。

写真は、黒蜜きなこのかき氷。表面にきな粉がたっぷりかかっていて、天然氷はふわふわで口に入れた瞬間優しく溶けます。黒蜜の甘みもあり、最後まで味が薄まることなくペロリと完食できる。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!