東京のカレー激戦区!下北沢でカレーが美味い店5選

目次

202カリー堂

1店舗目は、下北沢駅から徒歩すぐのところにあり、行列のできる大人気のスープカレー屋!

ドライフラワーの飾られた清潔感のある店内には、カウンター席とテーブル席があります。セルフサービスの水は3種類あり、レモンやミックスベリーのデトックスウォーターもあります。スープカレーとスイーツのお店なので、カレーを注文せずにスイーツとドリンクのみのカフェ利用も可能です。

カレーはトマトスープとココナッツスープから選ぶことができます。写真はココナッツのカレー。砕かれたナッツが入っていて、食感のアクセントになって美味しい。上に乗っている野菜は焼かれていて、皮パリパリで中ホクホクのじゃがいもや、香ばしいアルパラなど、どれも最高です。チキンはパリパリとやわらかから選ぶことができ、写真はパリパリです。表面がパリパリなのですが、柔らかいのでスプーンでほぐすことができます。旨味の凝縮されたチキンです。

また、抹茶プリンはねっとり系のプリンで、上には抹茶のクリームが乗っています。しっかりとした抹茶味ですが、重たくないのでカレーを食べた後にもペロリと完食できます。

YOUNG(ヤング)

2店舗目は、下北沢のお店ががひしめくエリアからは少し外れた住宅街にある、本格欧風カレーを提供するこちらのお店。

木の温かみのある店内で、本や独特なインテリア、絵などが飾られているおしゃれな内装です。カレーは5種類から選択可能で、運が良ければ可愛いプリンをいただくこともできます。

写真はポークカレーにふわふわオムトッピングを追加したもの。まず付け合わせの大根と蓮根ときゅうりの福神漬けとらっきょう、そしておからが出てくるのですが、どちらもそのまま食べても美味しいので、カレーが出てくる前に完食してしまいそうになります(笑)ポークカレーは食材の旨味が溶け出した深みのあるカレーで、辛くはないです。4つも入っている豚肉が柔らかくてトロトロです。

NAN STATION(ナン ステーション)

続いては、ハニーチーズナンが大人気のこちらの店舗。

店内には16席あり、広めのテーブル席もあるので、4人以上でも食事できます。インテリアや照明からアジアンな雰囲気を感じます。フリーWi-Fiがあり、BGMは洋楽です。

写真はハニーチーズナンとキーマカレー、バターチキンカレーのBセット。辛さはどのカレーも選ぶことができます。サラダには胡麻ドレッシングがかかっていて、カレーにはハートマークとすきの文字が♡ハニーチーズナンは、その名の通りチーズナンに蜂蜜がかかったもの。サクサクモチモチのナンに甘さとしょっぱさが合わさって最高。ナンだけでも食べられそう。野菜の旨味が溶け込んだキーマカレーと、トマトの風味のよくするチキンカレーはどちらも絶品。

狛犬珈琲

4店舗目は、店舗名からはカレーが提供されるとはわからない狛犬珈琲さん。可愛い器で出てくるカレーや、写真映えするケーキやドリンクをいただけます。下北沢のカレー屋さんは中休みがあることも多いのですが、ここではカフェ利用もできます。

店内の天井にはドライフラワーが吊るされていて、その空間にいるだけで癒されます。Wi-Fiや電源も完備されているので、作業をすることも可能です。

カレーはピラミッド型のご飯が可愛く、フライドオニオンの食感がアクセントになって美味しいです。甘口、中辛、辛口から自分好みにセレクトして注文できるのも魅力です。食後はカフェメニューからデザートを注文できます。コーヒーは氷の一つが珈琲豆の形をしているのが可愛い。抹茶のチーズケーキは、抹茶の味もチーズの味も濃いです。

サンゾウトーキョー

5店舗目は、カレーレストランとギャラリーの融合という珍しいコンセプトショップ。人気店「カレーの店ボンベイ」のシェフが作るカレーを楽しめ、また、個性豊かなメンバーがキュレーションして作り出されたアイテムをギャラリー展示もあります。

席は、カウンターで立ち食い形式。種類豊富で本格的なカレーを楽しみながら、ギャラリー展示も楽しめるという、新感覚のカレーショップです。

写真は、タリンカレーというトマトソースとニンニクのカレー。カレーにはチキンやトマトの他に、ニンニクも丸ごと入っていて、ニンニク好きには堪らん一品。卓上にあるきゅうりと玉ねぎのお漬物も味変になってとても良いです。食後のアイスチャイは、チョコレートドリンクのような甘さとなめらかさで、程よいデザート感覚。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる