東京のカレー激戦区・下北沢でカレーが美味い店10選!スープカレーやスパイスカレーも

目次

202カリー堂

1店舗目は、下北沢駅から徒歩すぐのところにあり、行列のできる大人気のスープカレー屋!

ドライフラワーの飾られた清潔感のある店内には、カウンター席とテーブル席があります。セルフサービスの水は3種類あり、レモンやミックスベリーのデトックスウォーターもあります。スープカレーとスイーツのお店なので、カレーを注文せずにスイーツとドリンクのみのカフェ利用も可能です。

カレーはトマトスープとココナッツスープから選ぶことができます。写真はココナッツのカレー。砕かれたナッツが入っていて、食感のアクセントになって美味しい。上に乗っている野菜は焼かれていて、皮パリパリで中ホクホクのじゃがいもや、香ばしいアルパラなど、どれも最高です。チキンはパリパリとやわらかから選ぶことができ、写真はパリパリです。表面がパリパリなのですが、柔らかいのでスプーンでほぐすことができます。旨味の凝縮されたチキンです。

また、抹茶プリンはねっとり系のプリンで、上には抹茶のクリームが乗っています。しっかりとした抹茶味ですが、重たくないのでカレーを食べた後にもペロリと完食できます。

YOUNG(ヤング)

2店舗目は、下北沢のお店ががひしめくエリアからは少し外れた住宅街にある、本格欧風カレーを提供するこちらのお店。

木の温かみのある店内で、本や独特なインテリア、絵などが飾られているおしゃれな内装です。カレーは5種類から選択可能で、運が良ければ可愛いプリンをいただくこともできます。

写真はポークカレーにふわふわオムトッピングを追加したもの。まず付け合わせの大根と蓮根ときゅうりの福神漬けとらっきょう、そしておからが出てくるのですが、どちらもそのまま食べても美味しいので、カレーが出てくる前に完食してしまいそうになります(笑)ポークカレーは食材の旨味が溶け出した深みのあるカレーで、辛くはないです。4つも入っている豚肉が柔らかくてトロトロです。

NAN STATION(ナン ステーション)

続いては、ハニーチーズナンが大人気のこちらの店舗。

店内には16席あり、広めのテーブル席もあるので、4人以上でも食事できます。インテリアや照明からアジアンな雰囲気を感じます。フリーWi-Fiがあり、BGMは洋楽です。

写真はハニーチーズナンとキーマカレー、バターチキンカレーのBセット。辛さはどのカレーも選ぶことができます。サラダには胡麻ドレッシングがかかっていて、カレーにはハートマークとすきの文字が♡ハニーチーズナンは、その名の通りチーズナンに蜂蜜がかかったもの。サクサクモチモチのナンに甘さとしょっぱさが合わさって最高。ナンだけでも食べられそう。野菜の旨味が溶け込んだキーマカレーと、トマトの風味のよくするチキンカレーはどちらも絶品。

狛犬珈琲

4店舗目は、店舗名からはカレーが提供されるとはわからない狛犬珈琲さん。可愛い器で出てくるカレーや、写真映えするケーキやドリンクをいただけます。下北沢のカレー屋さんは中休みがあることも多いのですが、ここではカフェ利用もできます。

店内の天井にはドライフラワーが吊るされていて、その空間にいるだけで癒されます。Wi-Fiや電源も完備されているので、作業をすることも可能です。

カレーはピラミッド型のご飯が可愛く、フライドオニオンの食感がアクセントになって美味しいです。甘口、中辛、辛口から自分好みにセレクトして注文できるのも魅力です。食後はカフェメニューからデザートを注文できます。コーヒーは氷の一つが珈琲豆の形をしているのが可愛い。抹茶のチーズケーキは、抹茶の味もチーズの味も濃いです。

サンゾウトーキョー

5店舗目は、カレーレストランとギャラリーの融合という珍しいコンセプトショップ。人気店「カレーの店ボンベイ」のシェフが作るカレーを楽しめ、また、個性豊かなメンバーがキュレーションして作り出されたアイテムをギャラリー展示もあります。

席は、カウンターで立ち食い形式。種類豊富で本格的なカレーを楽しみながら、ギャラリー展示も楽しめるという、新感覚のカレーショップです。

写真は、タリンカレーというトマトソースとニンニクのカレー。カレーにはチキンやトマトの他に、ニンニクも丸ごと入っていて、ニンニク好きには堪らん一品。卓上にあるきゅうりと玉ねぎのお漬物も味変になってとても良いです。食後のアイスチャイは、チョコレートドリンクのような甘さとなめらかさで、程よいデザート感覚。

スープカレー ポニピリカ

スープをトマト、エビ、和風の3種類から選ぶことのできるスープカレー屋!ここの魅力は、トッピングの種類の豊富さで、野菜だけでも20品目以上あります。他にもチキンやエゾシカハンバーグ、豚しゃぶやせせりなど…。自分好みのカレーを作ることができます。

お店は階段を登った先。テーブル席とカウンター席のある広々とした空間です。外観にもありますが、おじさんの顔が壁に書いてあるのが可愛い。

写真は、皮がパリッとしたチキンのカレー。チキンのカレーでも7種類の野菜が入っています。スープは、オススメのエビのスープ。ランチタイムはジャワティーかプレーンラッシーが付きます。

エビのスープは、口に入れた瞬間に「エビーーー!!!」と叫びたくなるくらいにエビの香りと旨味が閉じ込められています(笑)にんじん、ヤングコーン、じゃがいもなどの焼き野菜が香ばしくてめちゃうま。キクラゲもぷりぷりでうまい。また、スプーンでホロホロ崩れる、塩気がうまい皮がパリッとしたチキンは、歯いらんのでは?というくらいの柔らかさです。

茄子おやじ

レコード音楽も楽しめて、下北沢で1990年から長く愛されるカレー屋です。住宅街に佇む隠れ家のような雰囲気です。

住宅街に佇む隠れ家のような雰囲気で、店内にはテーブル席とカウンター席が。「カレーとコーヒーと音楽」という看板の通り、店内には大きなスピーカーとレコードがずらり。おしゃれな音楽を聴きながらカレーをいただくことができます。

カレーは、チキン、ビーフ、野菜、きのこ(平日のみ)の4種類と、全部入ったスペシャル。店名のにもある茄子は、飲み物みたいにトロトロです。

写真は、チキン、ビーフ、野菜が全て入り、ゆで卵まで付くスペシャルカレー。花形に型取られた人参がとても可愛く、具材の旨味が溶け込んだトロトロのカレーです。トマトは噛むとジュワッとなり、茄子は飲み物みたいに柔らかい。オニオンチップのカリカリがアクセントになってこれまた良き。チキンは歯ごたえがあり、食べ応え抜群で、ビーフはホロホロ崩れます。固茹での茹で卵もカレーによく合います。

札幌に本店を構え、ブイヨントマトベースのスープカレーをいただけるこちらのお店。テイクアウトやデリバリーも行っているので、家やオフィスでいただくことができるのも魅力です。

広い店内には、カウンター席、テーブル席、ソファ席があります。

辛さはどれだけ辛くしても無料で、ご飯も大盛りまで無料。白米と玄米を選べます。

写真は、一番人気という骨付きチキンのスープカレー。ブイヨントマトベースのスープは、今まで食べたことのない味で、独特な旨味と甘みの融合。スプーンでほぐれるトロトロと柔らかいチキンが最高です。スープカレーなので、玄米のプチプチ食感がアクセントになってこれもまた良し。海苔も入っているのが嬉しいです。

Rojiura Curry SAMURAI.

札幌に本店を構え、全国に展開する人気のスープカレー専門店です。野菜は契約農家から配送されており新鮮で、お米は北海道の「きらら397」を使用しています。

清潔感のある店内には、テーブル席とカウンター席が。店内の壁には、カレーに乗っている野菜の品目や、追加のトッピングのメニューが貼られています。

テイクアウトができることに加えて、レトルトのカレーを販売しているのも嬉しい点。自宅でも美味いスープカレーを楽しむことができます。

カラフルな野菜は13品目、14品目、20品目と選べます。野菜は変更も可能で、チキンや角煮、いももちなどのトッピングも追加できます。辛さは5以上は追加料金、ご飯は減らすと割引、おかわりライスもあります。

写真は、野菜13品目に好きなトッピングを追加できるスタッフオススメの「侍. まつり」。サクサクブロッコリー、チキン1/2、チーズいももちを追加しました。トロトロのスープは、ココナッツの甘みがあって旨味が凝縮。6個も付いてくるサクサクブロッコリーは、ガーリックが効いていて揚げたてでスープによく合います。大好きなカボチャが2つも入っていて嬉しく、ごぼうは太いのに柔らかくて感動。スプーンでほぐすことのできるチキンは、1/2でも食べ応えがあります。いももちはもちもち食感とチーズの濃厚さがカレーと相性抜群です。

ADDA

大阪の人気店「デッカオ」と「ボタ」がコラボした、スリランカカレーをいただけるお店。昼はカレー屋、夜はバーの営業です。

店内は、緑のタイルと木の壁の内装がとても可愛く、居心地が良い。クラフトビールやオリジナルのカレンダーも販売されています。

写真は、チキンカレーとダルカレーに本日のカレーから1種類選ぶことのできるADDAプレート。プレートにポルサンボル、ナスのモージュ、水菜の和え物、赤玉ねぎのアチャールが添えられているスリランカスタイルです。本日のカレーは、牛すじのカレーです。

チキンカレーの大きなチキンはとても柔らかく、辛めでスパイシー。牛すじもプリプリで柔らかい。カレー単体では少し辛いですが、スリランカスタイルで付け合わせを混ぜて食べ進めていくと辛さがマイルドになり、旨味アップ。それぞれの付け合わせも単体でも美味しいのですが、混ぜれば混ぜるほど美味しくなる不思議なプレートです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!