【東武動物公園の楽しみ方完全ガイド】動物園と遊園地を一度に堪能しよう!

目次

東武動物公園ってどんなところ?

東武動物公園は、埼玉県宮代町から白岡市にまたがって広がる、大型アミューズメントパークです。総面積は54万平方メートルで、関東最大級を誇る敷地に動物園と遊園地、さらに植物や花の庭園が設けられているのが特徴です。

アクセスが優れているのも、こちらの魅力で、東京メトロ・半蔵門線直通の東武スカイツリーラインに乗れば乗り換えなしで気軽に行けることができます。最寄りの「東武動物公園駅」から徒歩で約10分、路線バス「東武動物公園停留所」から約5分でアクセスできます。

太陽の恵み鉄道〜パークライン〜
太陽の恵み鉄道〜パークライン〜

園内は、大きく東と西に分けることができ、東には30を超えるアトラクションがある遊園地、西には約120種類の動物が飼育されている動物園があります。これらの施設を結ぶのが、シャトルバス「アニ丸ぶ〜ぶ〜」と鉄道「太陽の恵み鉄道〜パークライン〜」です。シャトルバスは園内の端から端まで走っているので、快適に移動したい方におすすめです。また、鉄道は遊園地から中央にある「ハートフルランド」まで走っていて、爽やかな風を感じながら四季折々の風景を楽しむことができます。

東武スカイツリーライン
東武スカイツリーライン

今や「ハイブリッド・レジャーランド」と呼ばれる東武動物公園は、東武鉄道の創立80周年を記念して1981年にオープンしました。初代園長には、上野動物園の看板飼育員である西山登志雄氏が就任し「カバ園長」の愛称で多くの人に親しまれました。

1988年にはオットセイショーが始まり、カピバラやリスなどの草食動物が園内を駆けめぐる個性豊かな運営を行ってきました。さらに1989年には絶叫系のアトラクションが設置され、ついで1990年に夏のメインイベントである「東武スーパープール」がスタート。4年後には入園者数が2,000万人を突破し、国内だけではなく海外からの観光客にも人気の施設となりました。

2000年代に入ってからも、ホワイトタイガー舎やペンギン舎、ライオン舎などが改修・新設され注目を集めました。遊園地にも新アトラクションや新エリアがオープンし、時代と共に進化を遂げている「東武動物公園」から今後も目を離せません。

チケット情報

チケット売り場
チケット売り場

東武動物公園では、季節ごとに行われるイベントのチケットも合わせて、約7種類あります。遊ぶ目的によって使用するチケットを選択することで、賢く購入することができます。また、チケットは当日その場で購入することもできますが、あらかじめ購入することで安く済ませることもできます。ここでは、東武動物公園のチケット情報や事前購入方法、お得な割引情報についてご紹介します。

なお、2020年4月1日(水)より入園料等の料金改定および、中人(中学生・高校生)の年齢区分が新設されるので、お買い求めの際は要注意です。

チケットの種類とおすすめの遊び方

入園券

動物園をメインで遊ぶ場合には、入園券だけの購入で楽しむことができます。

対象料金
大人(18歳以上)1,800円
中人(12〜17歳)1,500円
小人(3〜11歳)800円
シニア(60歳以上)1,100円

※シニア(60歳以上)券の方は、ご入園の際に身分証明書(免許証・保険証等)をご提示ください。
※12歳で小学生の場合は小人料金・18歳で高校生の場合は、中人料金を適用します。18歳で高校生の方へ学生証の提示を求める場合があります。

ワンデーパス(入園料+乗り物乗り放題+プール入場)

乗り物をメインに遊ぶ場合には、ワンデーパスがおすすめです。

対象料金
大人(18歳以上)4,800円
中人(12〜17歳)4,800円
小人(3〜11歳)3,700円
シニア(60歳以上)3,700円

東武動物公園チケット割引情報

ライドパス(乗り物乗り放題)

別途入園券が必要なので、こちらは、事前に入園券をお持ちの方におすすめです。動物園だけではなく、遊園地も楽しみたいとなった場合、入園券+ライドパスはワンデーパスよりも高くなってしまいます。乗り物に乗る可能性のある方は、最初からワンデーパスを購入することをおすすめします。

対象料金
大人(18歳以上)3,300円
中人(12〜17歳)3,300円
小人(3〜11歳)3,000円
シニア(60歳以上)2,700円

乗り物券

特定の乗り物だけを楽しみたい方は、こちらがおすすめです。ただし、多くの乗り物を乗る可能性がある場合は、ワンデーパスかライドパス(入園券をお持ちの方)を購入しましょう。

  • 1枚 100円

※のりものにより利用枚数が異なります。詳しくは、のりものチケット料金をご覧ください。

プールパス(入園料+プール入場)

プールをメインで遊びたいという方は、こちらがおすすめです(夏季限定)。ただし、乗り物も楽しみたい方は、ワンデーパスを購入しましょう。

対象料金
大人(18歳以上)2,400円
中人(12〜17歳)2,400円
小人(3〜11歳)1,100円
シニア(60歳以上)1,700円

お身体の不自由な方

入園券のみ割引が可能です。ご購入の場合は障がい者手帳の提示が必要となります。手帳所持のご本人及び付き添いの方、計1名(中学生以上)までが対象です。

対象料金
大人(18歳以上)850円
中人(12〜17歳)850円
小人(3〜11歳)350円
シニア(60歳以上)850円

詳しくは東武動物公園オフィシャルサイトでご確認ください。

団体料金

20名以上を含む団体で参加する場合は、団体割引が適用されます。親子で起用される割引もあるので、詳しくはこちらをご覧ください。

前売券(事前購入)

事前に予定が決まっているなら、コンビニでの前売り券が購入可能です。通常より若干お得な料金になっています。また、コンビニにて発券することで、チケット売り場に並ばずにスムーズに入園することができます。

【割引対象チケット】

  • ワンデーパス
  • プールパス

【料金】
通常価格より、

  • 子ども(3才以上):100円引き
  • 大人(中学生以上):200円引き

※4月以降「中人」が加わります。

【購入方法】

  • ローソン・ミニストップ(Loppi)
  • セブンイレブン(マルチコピー機)
  • ファミリーマート(Famiポート)
  • JTB(セブンイレブン・ローソン・ミニストップ・ファミリーマート・サークルKサンクス)

鉄道セット券

電車で行くなら、東武鉄道が販売している「鉄道セット券」の利用がお得です。鉄道往復乗車券・バス往復乗車券・入園券がセットになっています。通常料金で購入するよりも、2割ほどお得です。また、ライドパスを購入する際に使える500円の割引券も付いているので、ワンデーパスとの差額を気にする必要はありません。

※鉄道セット券の料金は乗車駅によって異なるので、東武動物公園のオフィシャルサイトから確認してみてください。

年間パスポート情報

東武動物公園には、お得な価格で、1年間何度でも入場できる年間パスポート「トッピー倶楽部」があります。乗り物やプールが制限なく楽しむことができ、さらに、会員限定のイベントに参加することができます。

園内入り口にて受け付けていて、個人会員だけではなく、お子さんと一緒にファミリー会員になることもできます。継続する場合やお子さんが大きくなった時の途中入会の場合には、お得な割引が受けられます。詳しくは、こちらをご覧ください。

見どころ

動物とふれあおう!

ホワイトタイガー
ホワイトタイガー

東武動物公園の動物園では、国内で約30頭しかいない貴重なホワイトタイガーをはじめ、約120種類1,200頭の動物たちが飼育されています。エサやり体験といった動物と近い距離でふれ合える体験が充実しているので、記憶に深く刻まれること間違いなしです。体験コーナを含め、園内は大きく分けて7つのエリアから構成されています。

8種類のサルたちを間近で見ることができる「モンキーワールド」や、迫力満点の野獣をガラス越しに観察できる「ホワイトタイガー舎」「ライオン舎」は定番のエリアです。また、ヒグマの生息地である北海道を彷彿させる造りの「ヒグマの森」、ペンギンが飼育されている施設の中から観察することができる「ペンギンの大地」も人気です。

ホタリウム
ホタリウム

人気者の動物に加えて世界初、一年を通してホタルを鑑賞できる劇場型施設「ほたリウム」があります。200匹以上のホタルが飼育されていて、昼夜関係なく鑑賞することができます。今や田舎でもなかなか目にかかることができないホタルの幻想的な光に包まれてみてはいかがでしょうか。

ホンドリス
ホンドリス

ホタルに続き、日本の古き良き故郷を思い出させてくれるのが「ふるさとの動物たち」です。全長80メートル・総面積1,230平方メートルある部屋では、動物の生態だけではなく四季折々の変化が感じられます。

湿原に生息するタンチョウのダンスをはじめ、愛らしい姿でくるみを頬張るリス、細い枝を駆け上がるテン、木に登るタヌキなど、動物たちの生き生きとした行動を観察することができます。見せ方にもこだわりがあり、より動物たちを身近に、臨場感たっぷりに感じることができるよう低く作られている柵などの工夫があります。今ではなかなか見られなくなった、どこか懐かしさを感じる日本の動物たちに会いに行ってみてください。

ロバ
ロバ

子どもに大人気なのが「ふれあい動物の森」です。ふわふわモコモコのアルパカや愛嬌たっぷりで人懐っこいポニーなど、約20種類の動物たちとふれあうことができ、子どもからお年寄りまで家族が一緒になって楽しめます。

絶叫アトラクションに乗ろう!

新滑空水コースター カワセミ
新滑空水コースター カワセミ

東武動物公園の遊園地には「リバティーランド」「プレジャーランド」「ハートフルタウン」「ハートフルファーム」と4つのエリアに30を超えるアトラクションがあります。2019年には海外のバーチャルリアリティーアトラクション「VR HARD ROCK」が進出し、絶叫系から景色を楽しめるゆったり系までラインナップも豊富です。

この遊園地で一番の目玉アトラクションは、「新滑空水コースター カワセミ」です。全長約750メートルあるコースには、角度が67.4度ある急落下といくつものアップダウンが仕掛けられています。思いも寄らぬ所で急旋回などが起こるので、スリル満点です。ふわっと体が宙に浮く感覚に思わず全力で絶叫してしまいます。

ギャラクシーウォーカーズ
ギャラクシーウォーカーズ

他にも様々なアトラクションがあり、老若男女楽しめることが東武動物公園の特徴です。何を乗るか・楽しみたいか迷ってしまう方はシーン別で選んでみてはいかがでしょうか。今回ホリデーでは、おすすめのアトラクションを厳選しました。

まず、友達同士で楽しみたい方は「リバティーランド」に向かってみましょう。こちらのエリアでおすすめな乗り物が、「ギャラクシーウォーカーズ」です。宇宙船をイメージした空間で、様々なミッションに挑戦します。鏡張りの迷路を進んだり、2つの選択肢から1つ選ぶミッションもあるので、友達との協力が必須です。みごとクリアした時には、友達との絆がより一層深まりますね。

エマさんのチーズ風車
エマさんのチーズ風車

カップルで楽しみたいなら、「ハートフルファーム」にある「エマさんのチーズ風車」に乗ってみましょう。他の遊園地にはない一味違った風景が見えます。どんどん視線が高くなるにつれて併設している動物園の様子も一望できるのが魅力的です。地上より高い位置から動物を観察することで新しい一面を知ることができるかもしれませんね。

また、アクティブな体験をするなら「ストーブさんの冒険カート」がおすすめです。池沿いのコースを走りながら、まるでドライブをしているような感覚を味わえます。コース内には、ある動物が隠れているので注意してみてください。自然と会話が弾み、二人の距離が縮まること間違いなしです。

キッズハウス ブーニーさんの野菜工場
キッズハウス ブーニーさんの野菜工場

家族で来た方には、「ハートフルファーム」にある「キッズハウス ブーニーさんの野菜工場」に行ってみましょう。こちらには、子どもが喜ぶ工夫が沢山施されています。室内型のキッズハウスになっていて、ボールプールやブロックなど子どもが思いっきり遊べるおもちゃが揃えられています。室内ということで天候関係なく遊べることができるのも嬉しいポイントですね。

天気が良い日は「ホルンさんのファーム鉄道」を乗ってみましょう。ほのぼのした農園を一周する乗り物です。前列席に座れば運転気分が味わえ、自然と子どもたちから笑みが溢れています。カメラ片手に乗車し、子どもたちの豊かな表情を収めてみてはいかがでしょうか。

一年通して盛りだくさんなイベント〜動物編〜

東武動物公園のキャラクター トッピー
東武動物公園のキャラクター トッピー

東武動物公園の魅力は何と言っても、様々なイベントが一年を通して楽しめることです。動物園エリアと遊園地エリア、それぞれのエリアで魅力的なイベントが開催されています。

動物園では、1年通して楽しめる代表的なイベント「ふれあい動物パレード」があります。東武動物公園のマスコットキャラクターであるトッピーを先頭に、ジェフロイクモザルやヒツジ、ペンギンやインコ、リスザルやラクダなどの動物たちが園内を練り歩くパレードで、毎週日曜日と祝日に開催されています。参加する動物も日によって変わるので、どの動物に会えるのかは当日のお楽しみ。開催日や出発時間などの詳しい情報は、園内にあるアニマルインフォメーションでチェックしてみましょう。

その他にも、毎週日曜日と祝日に行われる「ラクダのこぶこぶフォトコーナー」も評判が高いです。こちらは、実際にラクダにまたがって写真を撮ることができます。ラクダの温かさや乗り心地などを体験することで様々な驚きを発見してみてくだい。

オットセイショー
オットセイショー

8月になると夏季恒例の「冷やしタヌキ」が開催されます。これは動物たちに氷や凍ったエサをプレゼントするイベントです。普段は迫力のある動物たちも、冷たいエサを前にすると本性があらわになり意外な一面が見れます。心置きなく涼んでいる動物たちの様子はまさにギャップ萌えですね。

また7月〜8月にかけて定期的に行われる「打ち水 オットセイ」も注目です。こちらは目の前でショーを行うオットセイによって水浴び体験ができます。観客も一体となって楽しめるので盛り上がること間違いなしです。日頃のストレスを水浴びと一緒に流してしまいましょう。

カピバラ 露天風呂
カピバラ 露天風呂

12月〜2月にかけては「カピバラ・サル山露天風呂」が人気です。普段水を張っている放飼場でも、この時期になるとお湯が張られ動物たちにとっても憩いの場と変化します。サルたちが気持ちよさそうにお湯に浸かっている姿はとても愛くるしく感じます。また冬至にはゆずが浮かべられ、より一層可愛らしい姿を写真に収めることができます。

2月になると節分に合わせ、象と触れ合える豆まきイベントがあります。豆は無料で配られるので気軽に参加することができます。この他にも様々なイベントが開催されていますので行く前に公式HPを確認してみましょう。

東武動物公園公式HP

一年通して盛りだくさんなイベント〜行事編〜

ハートフルガーデン
ハートフルガーデン

園内の中央にある「観覧車エマさんのチーズ風車」の東側に広がるのが、「ハートフルガーデン」です。ハートフルガーデンでは、たくさんの植物が四季を通して楽しめるほか、キッチンガーデンで育てられた新鮮野菜は園内のレストランで使用されるなど、地産地消の取り組みもされています。

こちらには、美しく整備された200種類のバラが咲き誇る「ローズガーデン」もあります。ガーデンには、橋や丘などがあり、お花畑を優雅にお散歩してみてはいかがでしょうか。開花している植物は時期によって異なるので、植物を通して四季の移り変わりを感じることができます。

3月下旬~4月上旬には、約3,000本の桜が園内を彩ります。それに合わせて「夜桜ナイトZOO」が開催され、ソメイヨシノやハートフルガーデンのお花畑がライトアップされます。昼間とは対照的に、夜桜は幻想的な雰囲気を楽しむことができます。さらに、夜からの来園で入場料が割引になる「夜桜パス」の販売もあるので、大人なデートにもってこいです。

花火
花火

夏には、毎年好評の「東武スーパープール」と呼ばれる巨大プールが始まります。3つのエリアに分かれていて、定番の「流れるプール」や波が押し寄せる「ウェーブプール」、子ども連れの家族に人気の「じゃぶじゃぶアドベンチャー」など全7種類のプールがあります。特に、3種のコースがある「タイガースプラッシュ」がおすすめです。虹のような鮮やかな光の輪の中を滑るので爽快感は抜群。「ウォーターイリュージョン」というイベントも行われ、夏ソングに合わせてウォーターキャノン砲が飛び、さらに盛り上がること間違いなしです。

プールで思いっきり遊んだあとは、夏の風物詩である花火を楽しんでみましょう。こちらも音楽に合わせて花火が打ち上げられるので、気持ちが一層高鳴ります。花火がよく見えるスポットとして、東ゲートの近くにある「カバ像前観覧会場」が定番です。しかし、こちらは人が集まりやすい場所なので、ゆったりと鑑賞したい方には有料席エリア「白鳥の池観覧会場」がおすすめです。

ウィンターイルミネーション
ウィンターイルミネーション

冬季には、東武動物公園の目玉と言っても過言ではない「ウィンターイルミネーション」が開催されます。約300万球のLEDと音楽によってきらびやかな世界を演出します。関東最大級のLEDビジョンを使用したイルミネーションショーでは、音楽に合わせたCG映像が映し出され、目の前に広がる光と連動し冬の夜空を幻想的に照らします。

劇場型プロジェクションマッピングも開催され、ここでしか見ることのできないエンターテインメントを楽しむことができます。様々な動物たちが登場し歌やダンスを披露するストーリーは、大人も子どももワクワクを体感できます。年々グレードアップするイルミネーションは見逃せませんね。

広大な敷地の中では、いたるところに写真映えするエリアがあります。歩いているだけでロマンチックなムードに浸れますが、大切な人と来た方は、ぜひ観覧車に乗ってみてください。真上から見下ろすイルミネーションは地上で見る景色と全く違うので、特別感を味わうことができます。観覧車という2人だけの空間が、より贅沢でロマンチックな時間にしてくれます。

人気のお土産をゲットしよう!

動物園や遊園地で存分に楽しんだあとは、お土産を購入してみてはいかがでしょうか。園内には、6つのお土産ショップがあり、お店によって品ぞろえが異なります。中には飼育している動物の毛や皮を使った珍しいアイテムが販売していますが、今回は代表的な人気&オススメの商品をいくつかご紹介します。

ぬいぐるみ

ぬいぐるみ
ぬいぐるみ

子どもだけではなく、大人も思わず欲しくなってしまう可愛らしいぬいぐるみが揃っています。1番人気のホワイトタイガーを筆頭に、15種類以上の動物をラインナップがあります。大きさも家に飾れる大きなサイズから、カバンに付けられる小さなサイズがあるので様々な用途にぴったりです。

お菓子

お菓子
お菓子

クッキー、チョコ、パイ、ケーキ、キャラメルなど、動物がデザインされたオリジナルパッケージのお菓子がおすすめです。特に缶入りの商品が人気で、食べ終わった後も小物入れとして活用できますね。

雑貨

キーホルダー
キーホルダー

名前入りストラップやキーホルダーなどの雑貨類も充実しています。子どもにはプルバック式のミニカーや電車のオモチャが好評です。ホワイトタイガーの絵とひらがなで名前が書かれたハンドタオルもオリジナル感があってお土産に最適ですね。

東武動物公園内のランチスポット

コルネさんのパンケーキハウス

コルネさんのパンケーキハウス
コルネさんのパンケーキハウス

ハートフルタウンにあるカフェレストランです。かわいい動物たちがお出迎えをしてくれて、レストラン内にも子どもが喜ぶ仕掛けがたくさんあります。動物の顔が描かれたボリューム満点のパンケーキが人気です。

中央レストラン

中央レストラン
中央レストラン

動物エリアの入り口付近にある「中央レストラン」はレトロな店構えをしています。和食を中心とし、子どもから年配の方まで幅広い年齢層が利用しやすいメニューが揃っています。

G’sレストラン

G'sレストラン
G’sレストラン

白鳥の池のほとりにあるのが、「G’sレストラン」です。目の前に広がる湖を眺めながら食事することができます。バーベキューや鉄板焼ランチなどボリューム満点のメニューをお気軽にいただくことができます。

西園レストラン&ショップ フラワーポット

西園レストラン&ショップ フラワーポット
西園レストラン&ショップ フラワーポット

動物園の中にあるのが園内最大のレストラン「西園レストラン&ショップ フラワーポット」です。座席数が264席もあり団体の予約が可能です(※要相談)。バリエーション豊富なお土産ショップも併設しているので、お食事後にゆっくりとお買い物をしてみてもいいですね。

セルフレストラン&おみやげ カーニバル

セルフレストラン&おみやげ カーニバル
セルフレストラン&おみやげ カーニバル

鯉牧場の近くにあるレストランです。ラーメンやカレーといった、定番のメニューが揃っているフードコートです。お土産ショップも隣接しています。

くまさんのカステラ

くまさんのカステラ
くまさんのカステラ

園内に唯一2店舗あるお店です。1つはゲームコーナー「レインボー」付近にあります。なお2020年3月20日(金)より「ゲームセンター カーニバル」前に移動予定です。もう1つは「エマさんのチーズ風車」横にあります。かわいい見た目のくまさんカステラは、子どもだけでなく大人にも写真映えすると評判です。

ショップ&スナック サバンナ

ショップ&スナック サバンナ
ショップ&スナック サバンナ

園内の中心にあるショップとスナックです。キリンの模様をした特徴的なお店なので、待ち合わせをするのにぴったりです。焼きそばやソフトクリームなど手軽に食べられるフードが販売されています。

はらぺこキッチン カウベル

 はらぺこキッチン カウベル
はらぺこキッチン カウベル

ハートフルファームの前にある売店です。懐かしのつぶつぶアイスやポップコーンなどのスナックを中心に販売しています。牧場で遊んだ後リフレッシュがてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

スナックトッピー

スナックトッピー
スナックトッピー

「イベントステージ」の前にある売店です。人気のソフトクリームを片手に、ステージで行われるキャラクターショーを観覧するのもおすすめです。

スナックステーション

スナックステーション
スナックステーション

遊園地内にあるスナックコーナーです。迫力あるアトラクションを眺めながら食事することができます。乗り物で小腹が空いたときは立ち寄りたくなるスポットです。

おすすめの周辺スポット

東武動物公園から車10分圏内でいけるランチ

labo

朝の9時から営業しているパン屋です。お昼過ぎにはほとんどが売り切れてしまう程人気が絶えません。またパン屋ではお目にかかることがないマドレーヌやマカロンといったスイーツやワインを販売しています。

一茶宮代

東武動物公園駅西口から徒歩4分のところにある蕎麦屋です。こちらのそばの特徴は何と言っても麺の太さです。うどんと見間違えてしまうほど重量感があり、もっちりとした食感を感じることができます。

コーヒーショップ チロル

東武動物公園駅北口から徒歩5分のところにある喫茶店です。レトロな雰囲気が漂うこちらでは、お手頃な価格でケーキセットがいただけます。中でもふわふわ食感のシフォンケーキは甘さが控えめになっているので、男性にもおすすめです。

たこ焼きなべ三

クレヨンしんちゃんで有名な春日部市にあるたこ焼き屋です。とろふわな生地に乗るソースは定番から毎月変わる限定メニューまで用意されているので迷ってしまいますね。そんな方には一度に2種類の味が楽しめるハーフアンドハーフがおすすめです。

万豚記 ララガーデン春日部

ララガーデン春日部というショッピングモールの3階にある中華料理店です。男性にはもちろん、子供連れの方にも親しまれているお店です。ランチはライスがサービスになり、セットメニューも充実しています。

東武動物公園と合わせて観光におすすめ

雅楽(うた)の湯

東武動物公園駅から車で5分のところにある温泉施設です。駅からの送迎バスもあり、都内からのアクセスも良いので週末に訪れる方が多いです。

加温・加水をしていない天然温泉が自慢で、庭園のある露天風呂では、体だけではなく心も癒されますね。また、女性に嬉しい岩盤浴やビュッフェも備えられていて充実した週末を過ごせること間違いなしです。

武蔵一宮 氷川神社

創建2400年以上を誇る、氷川神社はパワースポットとして人気の神社です。特に、出雲大社の流れを汲んだ縁結びのご利益がある本殿には多くの観光客が訪れています。人間関係を良好にし、人との縁を結ぶことから仕事運のご利益もあるとされています。

コクーンシティ

JRさいたま新都心駅の目の前にある大型ショッピングモールです。3つのエリアからなっていて、多くの店舗が揃っているので、買い物好きにはたまらないですね。また、ショッピングだけではなく話題のグルメや映画もあり、色んな楽しみ方があるのも魅力的です。
コクーンシティ4丁目-263-1 吉敷町 大宮区 さいたま市 埼玉県 日本1日あっても回りきれない!位のお店が集まっています。洋服もごはんも映画も全部揃ってるコクーンで1日過ごすのも🙋42

鉄道博物館

大宮市にある鉄道博物館は、JR東日本の創立20周年記念を際して、2007年10月14日(日)に開館した鉄道のミュージアムです。

7つのエリアからなる館内では、実際にミニ列車を操作することができたり、鉄道の仕組みが分かる模型が展示されています。子どもはもちろん大人も楽しめる仕掛けがたくさんあります。
鉄道博物館埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47さいたま市では鉄道博物館が一番人気です。週末は駐車場が有料で混雑するので、朝一番で入るなど注意が必要です。134

おふろカフェ utatane

おふろカフェは、大人の癒し空間をコンセプトにした複合温泉施設です。天然温泉が楽しめ、さらに漫画やボードゲームといった娯楽も充実していると話題になっています。

リラックスできる空間がとことん揃っていて、中でもハンモックスペースは非日常を味わえます。好きな本を片手に時間を忘れ、くつろいでみてはいかがでしょうか。
おふろカフェ utatane埼玉県さいたま市北区大成町4丁目179-3大宮にあるおしゃれなお風呂屋さん299

アクセス情報

電車で行く場合

  • 東武スカイツリーライン「東武動物公園駅」西口から徒歩10分

車で行く場合

  • 東北道「久喜IC」より約20分
  • 圏央道「白岡菖蒲IC」より約20分
    ※カーナビ検索の場合は「東武スーパープール」(埼玉県白岡市爪田ヶ谷425)と検索

バスで行く場合

  • 「東武動物公園駅」西口より、東武動物公園行きのバスをご利用ください

よくある質問Q&A

駐車場はありますか?

はい、東武動物公園の西口ゲートには専用の駐車場があります。3,000台収容が可能です。東口ゲート周辺には、民間運営の駐車場が複数あります。ただし、休日やGW・お盆は混み合いますので、その場合は公共交通機関の利用がおすすめです。

東武動物園専用駐車場

こちらの駐車場を利用すると、開園1時間前から入場することができます。
【住所】埼玉県白岡市爪田ヶ谷425
【駐車可能台数】3,000台
【料金】普通車:1,000円/日、 マイクロバス:2,000円/日、 二輪車 :500円/日

東武動物公園民間駐車場

東ゲートまで、約200mと最も近い民間駐車場です。
【住所】埼玉県南埼玉郡宮代町百間1032-8
【駐車可能台数】約100台
【料金】平日500円、土日・祝日1,000円

TOBU PARK東武動物公園駅西口駐車場

東武動物公園駅の西口前にある駐車場です。
【住所】埼玉県宮代町中央1-136-1
【駐車可能台数】5台
【料金】8:00〜20:00 100円/30分、昼間最大1,000円

アップルパーク東武動物公園駅西口第1

【住所】埼玉県南埼玉郡宮代町中央3-1-14
【駐車可能台数】26台
【料金】30分/100円、24時間最大400円

大栄パーク東武動物公園駅前

東武動物公園駅の東口側にある駐車場です。
【住所】埼玉県南埼玉郡宮代町百間3-1−30
【駐車可能台数】33台
【料金】8:00〜20:00 60分/200円、24時間最大800円

アイパーク埼玉東武動物公園前第1

【住所】埼玉県南埼玉郡宮代町百間1-6
【駐車可能台数】9台
【料金】3時間200円、 24時間最大500円

タトゥーしていてもプールは入場可能ですか?

東武スーパープールは、入れ墨・タトゥー(シール類・ボディアート含む)をされた方の入場はできません。なお、入場後に判明した際には速やかにご退場いただきます。また、お断り・退場にともなう一切の補償・返金はしていません。

授乳室はありますか?

園内には4ヵ所(看護センター・コルネさんのパンケーキハウス内・フードコートカーニバル内・無料休憩所内)に授乳室があります。また、授乳室でオムツ交換台や粉ミルク用のお湯も用意されています。

車椅子やベビーカーの貸し出しはありますか?

東ゲート(遊園地側入口)と西ゲート(動物園側入口)にて貸し出し可能です。ただし、台数に限りがあるので、ご用意できない場合があります。

  • 車椅子:600円/日
  • ベビーカー:300円/日
  • ベビーカー(ハイシート):500円/日
コインロッカーはありますか?

園内に5ヵ所(東ゲート・西ゲート・ゲームセンターカーニバル横・ハートフルタウン)にあります。
【料金/日】小:400円、中:500円、大:600円

再入園はできますか?

車などに忘れ物などした場合のみ、再入場が可能です。(1時間程度)その際は、 東西ゲートスタッフにお声掛けすることで再入場券を発行していただけます。

どのくらい混雑しますか?

ゴールデンウィークなどの大型連休や、プール営業をしている夏季期間は混雑が予想されますが、平日は比較的空いています。通常の土日も多くの来場者で賑わいますが、駐車ができないほどの混雑ではありません。しかし、注意してほしいのが11月14日です。この日は、「埼玉県民の日」で例年、県民の3歳〜大学生までの方が無料で入園できます。そのため、園内をスムーズに周ることは難しいです。

基本情報

東武動物公園

【住所】〒345-0831
埼玉県南埼玉郡宮代町大字須賀110
【電話番号】0480-93-1200
【営業時間】

  • 平日:9:30〜17:00
  • 休日:9:30〜17:30
    ※季節・イベントによって変更があります
    【休園日】
    6月の水曜日、1月の火・木曜日・元旦、2月の火・水・木曜日


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる