【仁寺洞】カフェやランチスポットも豊富!韓国の古き良き文化を感じることができるソウル観光の定番エリア

目次

仁寺洞(インサドン)ってどんなところ?

仁寺洞(インサドン)は韓国の伝統工芸品や伝統茶屋が多く立ち並ぶ独特な趣のあるエリアです。メインストリートから派生した路地には雑貨店やギャラリー、韓定食屋、居酒屋などが種類豊富に立ち並び、にぎやかな観光地&ショッピングストリートとしていつもに賑わっています。

仁寺洞は、「昔ながらの伝統」だけでなく、伝統を「今の世代に新しい形で伝える」のが上手な場所でもあります。最近では韓屋(ハノッ)と呼ばれる韓国の伝統家屋をリノベーションしたお洒落なカフェができたり、現代風のデザインを加えた工芸品などが売られており、若い世代からも注目を集めています。

ソウルの人気観光スポット「明洞」や「景福宮」などからも近くアクセス抜群なため、初めての韓国旅行の方にもおすすめのスポットです。

みどころ

韓国の伝統に触れる

仁寺洞に来たら、まずはメインストリートに立ち並ぶ伝統工芸品店や雑貨店を訪れましょう。韓国伝統の作り方や模様が入った陶器やブックカバー、アクセサリー、かばんなどに出会えます。

また、仁寺洞にあるギャラリーは無料で鑑賞できる場所も多いです。ギャラリーでは伝統はもちろんのこと、そこからインスピレーションを受けた現代的なアートも楽しめます。絵がお好きな方はぜひ立ち寄ってみてください。

若者に人気のスポットを訪れる

最近は伝統に新しさも取り入れている仁寺洞。若者が楽しめるお店やカフェ、レストランがたくさん誕生しています。

その中でも必ず訪れておきたいのが「サムジキル」。仁寺洞の新しいシンボルとも言えるショッピングモールです。建物そのものがアートなサムジキル内には、作家やアーティストのオリジナル雑貨や小物、アクセサリーなどが集結。新旧のアートなアイテムが味わえる仁寺洞の新名所です。

仁寺洞の韓屋(ハノッ)でおいしい時間を

韓屋をリノベーションしたカフェやレストランが多いことでも有名な仁寺洞。特に韓屋のレストランで韓定食を食べるのは外せません。韓定食とは韓国伝統の定食で、数十種類の料理がテーブルいっぱいに広がります。

特におすすめのレストランは「両班宅(ヤンバンデッ)」。定食は日本円にして約2,000円ほどですが、おかずの種類が大変豊富でボリューミー。コスパの高い韓定食に満足できること間違いなしでしょう。仁寺洞が初めての方は、訪れた際にぜひ一度味わってみてください。

アクセス

最寄り駅:地下鉄3号線 安国(アングック)駅/地下鉄1号線 鐘閣(チョンガク)駅・鍾路3街(チョンノサンガ)駅

アクセス方法:仁寺洞メインストリートまでは安国駅6番出口・鍾路駅3番出口より徒歩約5分、鍾路3街駅1番出口からは徒歩約7分

よくある質問

仁寺洞でおすすめのカフェは?

仁寺洞にある韓屋カフェで特に有名なのが「伝統茶院(チョントンタウォン)」。耕仁(キョンイン)美術館と併設しているため、カフェにも洗練された趣のある雰囲気が漂います。

伝統茶院には15種類もの伝統茶があり、五味子茶(オミジャチャ)や柚子茶は定番の人気メニューです。お茶を楽しんだ前後は、ぜひギャラリーや美術館にも足を運んでみましょう。

仁寺洞とセットで訪れたいスポットは?

観光地としても人気の景福宮(キョンボックン)や昌徳宮 (チャンドックン)、北村韓屋村(ブッチョンハノクマウル)は仁寺洞からのアクセスも良いです。徒歩約15〜20分ほどで移動できるため、一緒に訪れると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる