【ロッテワールド】雨でも楽しめる!世界最大規模の屋内遊園地もあるソウルの人気スポット

目次

ロッテワールドってどんなところ?

ロッテワールドは屋内・屋外ともに楽しめるテーマパークです。なかでも屋内遊園地は「世界最大規模」としてギネスブックにも掲載されており、1年中、雨でも晴れでも天候を気にせず楽しめるのが魅力の韓国を代表する遊園地です。

遊園地内は大きく分けて「アドベンチャー」と呼ばれる屋内エリア、「マジックアイランド」と呼ばれる屋外エリアに分かれており、最先端のアトラクション施設をはじめ、幻想的なパレードやレーザーショー、公演なども開催されています。

アトラクションは屋内外合わせて50種類以上にのぼり、特に屋内の「フレンチレボリューション」と屋外の「ジャイロスイング」は必ず乗っておきたいアトラクションです。

ロッテワールドは観光エリアの明洞から地下鉄で約30分ほどなので、アクセスも良く、ソウル旅行中に気軽に訪れやすい観光スポットです。

みどころ

アトラクションの1番人気は「フレンチレボリューション」

ロッテワールドを訪れたら必ず乗っておきたいアトラクションが「フレンチレボリューション」です。

フレンチレボリューションは屋内をハイスピードで駆け巡るジェットコースターで、スタンバイが1時間以上になることも…。子どもから大人まで楽しめる大人気のアトラクションのひとつです。

このフレンチレボリューションはVRを身に付けて一緒に映像体験ができるのですが、実はVRなしでの乗車も可能。屋内の雰囲気を楽しみたい方や、2回目乗る方は、ぜひVRなしのスリルも味わってみてください

SNS映え間違いなし!メリーゴーランド前での撮影はマスト

ロッテワールド内で1番の撮影スポットと言えば屋内エリアにある「メリーゴーランド」。数多くのドラマの撮影地としても使われているスポットです。

人が多い時は撮影専用の列が作られるので、そちらに並びましょう。スタッフの方にスマホやカメラを渡すと綺麗に撮影してくれます。

顔も写して華やかに撮影したい時はお昼に。シルエットを写して幻想的に撮影したい時は夕方〜夜がおすすめです。

ロッテワールドに初めて行くなら「ファストパス」の購入がおすすめ

少しでも待ち時間を短くして、より多くのアトラクションを楽しみたいならファストパス(マジックパス)を購入しましょう。

ロッテワールドのファストパスには「無料」と「有料」がありますが、無料のものは混雑時なかなか予約しづらいことも…。そのため、初めてロッテワールドに行く方や、1日で色んなアトラクションを楽しみたい方は、事前にWebサイトから有料のファストパスを購入しておくのがおすすめです

ちなみに、ファストパスの購入は現地でも可能ですが、効率的にお得に購入するならWebサイトがおすすめです。複数の日本語のサイトから販売されているので、その時々の内容を確認して購入してみてください。

遊園地以外のロッテワールドも楽しもう

ロッテワールドは、テーマパークの他に、スケートリンクやデパート、レストラン街、映画館、水族館などがモール(ロッテワールドモール)に入店しています。

旅行をさらに満喫したい方は、テーマパークを楽しんだ後にモールで夜ご飯を食べたり、テーマパークとは別日に立ち寄ってみたりするのもおすすめです。

アクセス

最寄り駅:地下鉄2号線 蚕室(チャムシル)駅
アクセス方法:蚕室駅3,4番出口から地下で直結

明洞駅からは地下鉄で約30分、江南駅からは地下鉄で約13分です。
駅からロッテワールドまでは地下で直結しているので、雨が降っていても心配ありません。改札を出たら「ロッテアドベンチャーワールド」という標識に沿って進みましょう。

よくある質問

入場料はいくらかかる?

パーク1日券

大人 (大学生含む) 59,000ウォン
青少年(13~18歳) 52,000ウォン
子ども(3~12歳) 46,000ウォン
乳幼児(36ヶ月未満) 15,000ウォン

ロッテワールドには他にも、以下のような券の種類があります。

  • 総合1日券…ロッテワールドのすべての乗り物+民俗博物館
  • パーク1日券…ロッテワールドのすべての乗り物
  • After4…16:00以降、ロッテワールドのすべての乗り物+民俗博物館
  • 家族券…ロッテワールドのすべての乗り物
  • マジックパスプレミアム…並ばずにアトラクションに乗れる(入場券は別途)

※なお、ゲーム施設は料金に含まれていないため、都度支払いが必要です。
※予約するWebサイトにより割引額が異なるため、料金は変動します。

※2022年4月時点の情報です

楽しむには何時間くらい必要?

初めてロッテワールドに行かれる方は、オープンからクローズまで丸一日かけて楽しむのがおすすめです。特に晴れている日は、屋内・屋外すべてのアトラクションに乗車できるのでたっぷり時間をかけて楽しみましょう。

なお、観光の後に少しだけ楽しみたい方や2回目以降の方には、16時〜閉園まで入場できる「After4」がおすすめです。

休業日はいつ?

基本的に年中無休で営業しています。
※ただし、アトラクションによっては運休している場合もあります。詳しくはホームページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる