【笠岡島巡り】瀬戸内海の離島、真鍋島と白石島で女ひとりのんびり1泊2日旅

目次

プロローグ

こんにちは、ゆかです! 今回は、岡山県笠岡市の真鍋島と白石島を観光してきました!🛳 美味しいものを食べ、「何もしないことを楽しむ」島旅。 今回は瀬戸内ならではの天気に恵まれ、波の音に癒される2日間でした😌✨ 偶然、白石島の中学校の休校記念花火も見ることができて、幸せだったなあ〜💭💖

動画

笠岡島巡りスタート

こんにちは、ゆかです

今日は岡山県笠岡市で、島を2つ巡っていきたいと思います

行ってきます〜!

今回の旅のスタートは笠岡駅

まずは駅から地下路をくぐって笠岡港へ向かいます

今回私が行くのは、真鍋島と、白石島です

みなと・こばなしの1階は、改札と待合所

2階はオーシャンビューの席とピアノがありました。

3階までありますよ

1階で真鍋島行き11:20発のチケットを購入します

真鍋島までは10,40円

船に乗り込むまでまだ時間があるのでちょっと休憩

出港の10分前にアナウンスがあり、乗船です

真鍋島まで連れて行ってくれるニューおおとりさん

思っていたより乗客が多い!

でも席が多くあって、困ることなく座れそう

出港です!バイバイ笠岡

船内の席に座ることもできたのですが、せっかくなのでデッキから景色を見ることに

ちなみに、立ちながら船旅を楽しんでるのは私だけでした(笑)

真鍋島までは、私の乗った普通船で1時間ほど

途中いくつかの島や港に寄りながら、海の上を走ります

乗船券は、神島を出発する頃に船内で回収されました!

船内の窓からも景色は見えますが、やっぱり景色を楽しみたいならデッキへ行くのがおすすめ

真鍋島到着!

真鍋島で新鮮な海鮮ランチをいただく

景色がよかったからか、1時間があっという間に過ぎました

この島では、まずお昼ご飯を食べます

新鮮なお魚をいただけるお店があるそうなので、向かいます

お店は、港から見えるくらい激近

外には、牡蠣がたくさん!

水槽には魚もいるんだろうなあ(腹ペコ)

店内は、大きなテーブル席とゆったりお座敷席があります。

いただきます

美味しそうう〜!

こちらのお店はメニューがなく、

全てお任せの5,500円のコースのみです

新鮮な鯛のお味は…

トロトロでプリプリ!歯ごたえがすごい!

これは美味すぎる

湯引きされた方もいただきます

食感が少し変わってこっちも美味いなあ

美味すぎる魚たちを前にニヤニヤが止まりません

日本酒の注文も忘れてはいません

笠岡市のお隣、浅口市のお酒です!

では早速、かんぱーい

クセがなくて飲みやすい!お魚に合うやつや

吸盤が器にくっついて取れません(笑)

醤油をつけたら、より荒れ狂うタコ

やっと一口目!

吸盤が口の中にめっちゃくっついてくる(笑)

こんなに新鮮なタコは初めて食べました!

これも噛みごたえがすごいな、美味い

真鍋島の夏みかんを搾る

貝殻の中のエキスごと頂いちゃう!

続いて海老さん

わからなかったので強行突場させていただく

この海老はどうやって食べるのでしょうか。

食べ方は最後まで謎やったけど、美味しかった

まずは焼き海老から

1分ほどで解体完了

自分で剥いた海老のお味はというと…

海老の甘さと塩加減が絶妙!旨い

頭の味噌は酒飲みの好物ですよね!

海鮮×日本酒に勝てる組み合わせってあるんでしょうか

続いて海老の天ぷら

サクサクカリカリで美味いに決まってるやつや〜

この辺りではシタビラメのことをゲタと呼ぶらしいです

正直、私はシタビラメも聞いたことがありませんでした(笑)

これもめっちゃ美味しそうやなあ

ブリンブリンでございます

生より蒸しの方が濃厚さが増す気がする

お酒も進んでしまう

チヌといえば宇野のチヌ・コチヌですね

この塩焼き、鯛の味がとっても濃い!

そしてとんでもなくボリューミー(笑)

これは身がさっぱりしてるからいくらでも食べられる

うまあ…

なんやこれ〜!味付けが最高やないか

お酒がどんどん減っていく

めちゃめちゃ熱かった(笑)

ドデカ味噌汁です

これもめちゃ熱くて口の中大火傷した(笑)

白米もきました

たくあんとともに食べる

完全予約制&お任せコースのみのこちらは、

ご覧いただいた通りボリュームがすごい

来る際には、ゴムのズボンを履いてくることをお勧めします(笑)

島のおもてなし精神には感服です…

ごちそうさまでした

真鍋島は、漁師町として栄えた島で、

雰囲気が素敵なので、少し散策してみようと思います

島は時間がゆったりと流れていて、癒されます

人懐っこい猫さんに出会いました

可愛い…

島では、「何もしない」ことを楽しむのが一番充実した過ごし方ですねえ

なんと真鍋島は、4月29日に公開されたラジエーションハウスのロケ地なんです!

ロケ地巡りで真鍋島に来るのも楽しそうですね

真鍋島は、細くて迷路のような道が多いので、

(方向音痴の私は)奥に行きすぎると戻って来れなくなりそうです

散策はこの辺で終わりにしたいと思います!

地元の人にも愛されている「モトエカフェ」

地元の方に教えてもらったカフェに来ました

店内はとっても広々

アクセサリーの販売があったり、

インテリアも可愛い

こだわりの詰まった本格的なカレーや自家焙煎のコーヒーをいただけます

いただきます

次に乗る船の出航まではあと1時間

スッキリとした美味しいコーヒーを飲みながら時間を潰す

本当はカレーもチーズケーキも食べたかったなあ…(満腹過ぎた)

ごちそうさまでした

再び港へ向かいます

ついてくる猫が可愛すぎる

真鍋島に別れを告げる

さっき乗った船よりも少し大きいのに乗るみたい

乗船!

このフェリーはデッキにベンチがある(やったー!)

真鍋島には乗船券売り場がないので、船内で支払いです

出航!

バイバイ真鍋島

真鍋島から白石島までは高速船で20分ほど(1,120円)

普通船だと30分ほどです(620円)

白石島で1泊してのんびり

白石島到着!

今日はこの白石島に泊まるので、

まずは宿へ向かいます

宿に到着したのですが、

チェックインは隣の「さんちゃん」という食事処でするようです

さんちゃんは、ゲストハウスしらいしの真隣にあります

チェックインを済ませました

お部屋は、広々の和室です

そして、本日のお宿は全室オーシャンビュー!

その景色はというと…

ジャジャーン

これはこれは贅沢な景色ですなあ

共用のお風呂もとっても綺麗で、

1階にも2階にも洗面台がありました

宿の前のビーチに来ました

海の水がめちゃめちゃ綺麗で透明

白石島にも人懐っこい猫さんが

ゴロゴロするのがたまらん

この子は何をしたら可愛いと言ってもらえるかわかっていますな

もう1匹来ました

この子の方がもっと人懐っこい!

猫好きはこの島で幸せな時間が過ごせるのではないでしょうか

そんなこんなで夕日の時間

少し曇っていますが、それもまた雰囲気があって良い

あっという間に沈んでしまいました

白石島の中学校が今年休校になる関係で、

今日花火が上がるそうです!

せっかくなので、見に行ってみたいと思います

アナウンスでも大々的に宣伝されていました

校舎内や屋上から花火を見れるみたいです

校庭から上がるみたいなので、3階から見ることに

花火が始まりました

ありがとう白石中

横動画だと全然映らないので、、

縦で撮ってみました、、

校舎にはたくさんの島民の方々が花火を見に来ていて、

皆さんの思い出の詰まった学校なんだろうな、と他人ながらに感動しました

学校から宿への帰り道、暗いのが怖過ぎて猛ダッシュしました

「さんちゃん亭」で夕食

宿のチェックインをしたさんちゃんで夕飯を食べます!

カンパーイ

やっぱり乾杯はビール

はあー、うまい。沁みる。

いただきます

シンプルなのがめっちゃ美味しそう

1日の食事の中で夕飯が一番美味しい

なぜ島まで来て頼んだのが、島感ゼロの焼き飯なのか

私にもわかりませんが、とっても焼き飯の気分だったのです

ゲストハウスの女将さんが、明日の私の旅ルートを一緒に考えてくださいました

Googleマップに載っていない道…明日が少し不安です(笑)

完飲

そして、しれっと2杯目

炭酸が喉に刺さって梅干しみたいな顔しちゃう(笑)

今日は、白井中学校の休校記念花火を見れて、

その偶然に、勝手に白石島に運命を感じてしまっています。

定年後は、ゆったり島暮らし憧れるなあ…(何年後の話?)

最後の一口

ビールもラスト

ごちそうさまでした

お部屋の方に戻ってきました!

今日はもうお風呂に入って寝て、

白石島観光2日目に備えたいと思います

おやすみなさい〜

2日目スタート

おはようございます

2目はまず、宿階の食堂で朝ご飯をいただきます

いただきます

とりあえずお野菜から

やっぱり朝ごはんには米ですな

なんだろうこれ

なんかわからんけどうまい

お魚もありました!

今日は軽く山も登る予定です

この朝ご飯で元気もりもりだ

具沢山なお味噌汁

美味しいなあ

あっという間に完食です

ごちそうさまでした

食後のコーヒーもいただきました

なんて優雅な朝なんだ…

エナジーチャージ完了!

出発

朝の潮風も気持ちいいです

猫さんも、おはよう

昨日の学校からの帰りは暗すぎた道も、明るければ何も怖くありません

本日まず向かうのは開龍寺

開龍寺までは途中看板があるので、

それに沿っていけば迷うことはありません!

広い境内!

現在地から少し進んで、本堂まで向かいます

挨拶をして門をくぐる

たくさんのお地蔵様たちがお出迎え

お賽銭をして、

鐘を鳴らす(下手すぎて全然音が鳴らなかった)

手を合わせてしっかり挨拶!

本堂の隣にある不動岩へも来ました

岩の窪に額を当てて、心の中でお願い事を3回唱えます

不思議な霊力を持つ岩なんだって

幸福の鐘を3回打って、幸福を呼び寄せてください。とのこと

強く打ったので大きな音が出てしまいました(笑)

2,3回目は控えめに打ちます

次は、鎧岩という岩を見に行きたいのですが、

地元の方何人かに聞いてみても詳しい道がわからず…

道に迷う可能性もあるのですが、勘で行ってみます!

看板が見えてきました。よかった〜

左に行くと鎧岩、右に行くと先ほど行った開龍寺です

さあここからがGoogleマップに載っていない道です

目ぼしい道は神社(?)に続いているけど、合っているのか…

公園の整備をしている方がいたので聞いてみましたが、ご存じないみたい…

地元の人たちは逆にわざわざ行かないんだろうなあ…

行き止まりの雰囲気…

でも正面の竹の柵は道なのかも…?

と思いましたがやはり行き止まり

その後もしばらく「鎧岩」という看板がないか探してみたのですが

さっき行った開龍寺がここで、今行きたい鎧岩がここ

鎧岩のすぐ近くにいるはずなのですが…道がわからない!

うーん…困った

そこへ続く道はわからず…

もしかしてこの道かな?というものは、あったにはあったのですが…

他に鎧岩に向かっている人もおらず、

しないとは思いますが、遭難とかしたら怖いなあ、とか思ったら、

気づいたら諦めていました…ごめんなさい(涙)

ということで港の方へ向かってのんびりすることにします

道中で、道を聞いた地元の方から「鎧岩行けた?」と話しかけられました(優しい)

港でさっきのマップを見ながら、敗因を考える

綺麗な景色に慰められます

気を取り直して、白石島での最後の目的地、お昼ご飯を食べに行きます!

ヴィーガン料理を提供している「菜食茶店KUa」

広くて綺麗な店内!

テーブル席とカウンター席があります

食事の他にも、ヴィーガン食材が購入できる

私は事前にカレープレートを予約済みです

いただきます

まずはカレーから

スパイスが効いているけど辛すぎない!

豆も程よい柔らかさで最高〜

紫芋のポテトサラダもいただく

スイートポテトとポテトサラダの中間みたいなお味

スパイスカレーはそんなに辛くはないけど、辛いのが苦手な人やお子さんには辛さを抜いてくれるみたい!

このサラダのドレッシングが美味しすぎて感動

レンコンチップスも香ばしくてカリカリでうまし

なんだこれ

パクッと一口

…鶏肉みたいだけど、なんだこれ?

聞いてみたら、ベジタブルミートの一つ「おからこんにゃく」だそうです!

何やら新しい食べ方を思いついた様子

美味しい×美味しい=めっちゃ美味しいになりました

ごぼうの歯ごたえにびっくり

その後、ものすごい勢いで完食しました

白石島は桑の産地だそう

いただきます

飲みやすい!もっとクセがあると思ってた

続いて、ふわふわのシフォンケーキ

優しい甘さで美味しい〜

絶対にデカすぎる一口

桑の葉茶と桑の葉のシフォンケーキ。最高の組み合わせです

デザートもものすごい勢いで食べ進め、

最後の一口

桑の葉茶もラストです

ごちそうさまでした

笠岡までの切符を購入します!

普通船で670円です

バイバイ白石島〜!とっても楽しかったよ〜

白石島から笠岡までは30分ほど

景色を楽しんでいたら、あっという間に笠岡港に到着してしまいました

岡山県笠岡市の真鍋島と白石島を観光した今回の旅は、こんなふうに終わりたいと思います。

最後までご視聴いただきありがとうございました。

またねー

最後まで見てくださり、ありがとうございました!

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
Holidayアプリでもプラン投稿もしています☀
アプリダウンロードはこちらから!アプリだと地図上でプランが見れて、とっても便利です☺
https://apple.co/36iKfOl
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

散策プランの詳細はHolidayでも投稿してますよー!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる