【日本橋たろう】江戸と下町の風情を残しつつ、新しいお店も続々増える東京日本橋。界隈の魅力を在住者/勤務者の視点で発信します

こんにちは、Holiday 編集部です。
この2月に水天宮前にオフィスを越してきました。いい物件が見つかったのが大きな理由ではありますが、周辺の環境に魅力を感じたことも背中を押すポイントになりました。まだまだ分からないことが多いですが、これから慣れて行こう、と思っていた矢先、近所に住んでいるスタッフの存在を思い出しました。それが非常勤スタッフの編集部員「しらこ」さんです。生まれも育ちも中央区、会社への出勤は自転車という生粋の地元民である彼女と、これから開拓していく編集部スタッフが、日本橋の魅力を発信していくのがこの連載です。

また、本連載は音声とテキストを同時に配信していきます。ぜひ、ポッドキャストを聞きながら、このコラムを楽しんでいただければと思います。では1回目、しらこさんよろしくお願いします。

目次

ポッドキャストラジオ「日本橋たろう」第1回

しらこのプロフィール

名前:しらこ
好き:旅行、散歩、食べること、ショッピング、着物、陶芸、お笑い、TVドラマ

はじめまして、江戸っ子3代目 日本橋ラバーのしらこです。
炭水化物大好き、白米、パン、うどん、お餅など白い食べ物があれば幸せ。
生まれたときから下町住みゆえ、日本文化も好きで、着物や陶芸も趣味でやっています。

日本橋散歩では、グルメ情報、スポット情報、お役立ち情報などをゆるゆると発信していきます。
ひとりでも多くの方に、日本橋の魅力や素敵な雰囲気が少しでも伝わればうれしいです。

なぜ、たろう?

日本の芸術家 岡本太郎さんが好きで、彼にインスパイアされて名付けました。
単純に好きなんですよね、太郎さんが。
他人と比べがちな現代社会ですが、太郎さんのもつ精神の力を私も少しでも持っていたいなって思っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる